スポンサードリンク

東京電力と協力会社

東京電力をはじめ電力会社の福利厚生は、その協力会社と比べるとかなり優遇されているようで、企業年金も手厚いといわれています。
東日本大震災に続く福島第一原発事故で巨額の賠償金請求が見込まれる東京電力にとって企業年金の削減も問題にされる可能性はありそうですが、電力会社の社員にとってはやめたくない会社と考えられ、社員の厚遇が目につくと思われます。
一方で、電力会社の協力会社では社員の待遇はそんなによいとはいえないようで、その差は大きいようです。
キャリアアップに際してはこうした会社の社員待遇もチェックしておくべきなのでしょう。
posted by mabou at 11:55 | キャリア資格ニュース

原発停止と失業者

日本では東日本大震災の後の福島第一原発の放射能漏れ事故を受けて各地で原発の稼動が困難になっています。このため東京電力だけでなく中部電力や関西電力など軒並み電力不足が心配されていて、電力供給力の不足は企業活動の低下につながり、海外に拠点を移す企業も出てくるだろうと思われます。
そうなると国内での失業者が増加して、国内経済活動の沈滞が懸念されるところです。
posted by mabou at 20:44 | キャリア資格ニュース

元プロ野球選手の死

元プロ野球選手でアメリカ大リーグでも活躍した有名選手が亡くなったのではというニュースが流れていますが、野球選手のキャリアアップも簡単ではないように思われます。
それこそキャリアパスを考えて、どのようにステップアップしていくのか、あるいは人生設計をどのように考えていくのかフォローするところも必要なのかもしれません。
これはスポーツ選手全般にいえることかも知れませんが、キャリアパスの検討も必要でしょう。
posted by mabou at 12:04 | キャリア資格ニュース

教員と精神疾患

学校の先生も気苦労が絶えないのか、うつ病などの精神疾患で休職中の教員が少なくないといいます。
生徒のみならず生徒の父兄との問題も少なくないようで、精神的な悩みを抱えたままになっている教員の姿が浮かび上がってくるようです。なかにはモンスターペアレントと呼ばれる父兄との関係で悩む教員もいるようで、ストレスも多い仕事といえそうです。
教員のキャリアを考える上で、メンタルヘルスケアは大事な要素になっているといえ、何らかの対策が必要と思われます。
posted by mabou at 07:30 | キャリア資格ニュース

個人とキャリアパス

個人のキャリアパスは、中長期的に自分のキャリア形成を考えて、それに適した職種や会社などを選びながらキャリアアップを実現していくことと考えられます。
これは、大学選びの時から始まっているとも考えられるのですが、将来の自分の希望する仕事を頭に描いて、そのためにはどんな大学や学部を選んで、どんな会社に入るとか資格を取るとか考えて目標に向かって一歩ずつキャリアアップを図っていくのに欠かせない過程といえるでしょう。
キャリアアップには若いときから順番にステップアップしていく準備が望まれます。
posted by mabou at 21:29 | キャリア資格ニュース

中国高速鉄道事故について

中国では日本やドイツ、フランス、カナダなど世界中から高速鉄道技術を導入して急速に高速鉄道網の整備が進みましたが、高速鉄道の運転士の養成が追いついていないようで、短期間の養成期間しか取れない場合もあるようです。
人材不足から運転士の勤務は長時間にならざるを得ず、過酷な勤務も事故防止には問題ではないかといわれています。
高速鉄道の運転士はいわゆる在来線の運転士とは要求される技量も違ってくるようで、高速鉄道運転士という資格試験はないのかもしれませんが、養成には数年かかることが普通のようです。
posted by mabou at 06:46 | キャリア資格ニュース

美容外科と警察

著名な美容外科での医療事故で捜査のエキスパートといわれる警察官が癒着を指摘されていますが、警察を退職した際の再就職先として病院関係とのつながりも指摘されています。
これは監督官庁と民間企業の癒着というか、再就職先として天下りが問題になっているのと構造的には似ていると考えられ、贈賄のきっかけになると心配されます。
再就職は大切ですが、監督官庁が天下りするという構図はキャリアアップとはいえませんし、今後変える必要があるでしょう。
posted by mabou at 11:06 | キャリア資格ニュース

中国高速鉄道事故

中国が威信をかけて整備した高速鉄道網で追突事故から脱線し、橋から落下した車両も出て大惨事になっているようです。
上海鉄路局局長は責任を問われて解任され、鉄道網整備に伴う工事では手抜き工事も疑われているようで、中国では賄賂がはびこって問題になっていますが、これから事故原因の究明が進むと思われますが、トラブル続きの高速鉄道より航空路の方が安全性が高いのかもしれません。
posted by mabou at 21:39 | キャリア資格ニュース

アメリカの失業率

アメリカでは失業率の改善が足踏みしているようで、折から議会での債務上限の引き上げが順調には進まず、国債のデフォルトも心配されるなか、景気の足踏みが懸念されています。
債務不履行になれば借り入れにしても金利が上昇する可能性があり、景気の悪化が心配されるところで、雇用の改善も進まなくなるのではないかと思われます。
posted by mabou at 20:00 | キャリア資格ニュース

従業員の解雇

会社が従業員を解雇する際には予告が必要で、予告がない場合は手当ての割り増しを支払うことが必要といいます。解雇に絡む問題は多いと思われますから会社側も解雇に際しては労働基準法に順する手続きが必要です。
従業員の側に立てば、解雇される前に次の仕事を見つけて就職先を確保しておかないと収入が途絶えることになりますから生活がかかった問題で、会社側に解雇予告を要求するのは当然といえるでしょう。
posted by mabou at 22:03 | キャリア資格ニュース

定年延長?

法定定年年齢を60才から65才に引き上げるという民主党の考えに経済界はとても現時点では難しいと反論しているようです。
賃金制度や人事の面で解決すべき問題が多すぎるということのようです。
しかし、年金制度が社会保障改革にともなって変更されて、年金支給開始年齢が遅れることになれば、年金の支給が遅れて老後の生活保障に不安を覚えるのは当然でしょう。生活保障にキャリアアップを若いうちから考えておくことは大切でしょう。どうやって老後の不安をなくすか、一度は終身雇用が崩壊した日本で再び終身雇用を望むムードが出てきているようです。
posted by mabou at 00:09 | キャリア資格ニュース

継続雇用制度

継続雇用制度は再雇用制度ともいわれ、これから高齢化社会の進展にしたがって定年の延長が本格化すると思われ、現在のところは多くの企業が60歳で一旦退職し、翌日付で再度雇用契約を結ぶという再雇用制をとって労働者側と企業側の条件のすりあわせを行っているといえるでしょう。
再雇用がキャリア志向に影響することはあまりないかもしれませんが、働く意欲満々の方々にはキャリアアップに再雇用を追及することもありえるかもしれません。
posted by mabou at 21:59 | キャリア資格ニュース

なでしこ力

なでしこジャパンがサッカーW杯で初優勝を遂げましたが、この原動力がなでしこ力といわれているそうです。
一致団結して個人の力以上のものを出すことを可能にする力をなでしこ力と呼んでいるようですが、日本的な和の力のよい面が出たと考えられるのではないかと思います。
こうした和の力を発揮していくことは、日本の職場で求められることが多いといえますが、団結力の発揮に役立つ人材は日本の職場でまず第一に求められる人材と思われます。
posted by mabou at 17:52 | キャリア資格ニュース

漁業就職希望者の減少

岩手県では漁業に興味のある就職希望者の参加者が減少しているようで、漁業就職フェアの参加者がいなかったといいます。
東日本大震災の津波被害も大きく、福島第一原発事故による食の安全性への不安など先行きに明るいニュースが見られないことが影響しているのではないかと思いますが、漁業就職希望者の減少は大きな打撃を東日本大震災で受けた漁協関係者にとっても今後の就職希望者の先行きが心配される事態といえそうです。
posted by mabou at 10:39 | キャリア資格ニュース

アメリカの雇用創出

アメリカでは失業率も高く、景気の減速感が漂うことから、オバマ大統領は公共投資の増大など雇用創出に力を入れる方針ですが、その前に国債の発行が出来なくなる恐れもあって、デフォルト回避に共和党の協力を取り付ける必要があります。
雇用の創出には高速鉄道網などが盛り込まれているようで、アメリカをビジネスが発展しやすい国にしていくことで雇用の創出を回復して活気を取り戻す方針と思われます。
posted by mabou at 21:58 | キャリア資格ニュース

雇用調整助成金と失業率

日本では、企業内失業ともいえる場合に雇用調整助成金を出して失業者を増やさないようにしているため、実際の失業率で言うとアメリカ並みの失業率になるかもしれないという意見もあるようです。
リーマンショックの後には雇用調整助成金を利用するケースが急増したそうで、こうした助成金を利用している人は失業予備軍ともいえるようです。
失業率については国によって計算方法が異なるため、単純比較は出来ないようです。
posted by mabou at 13:09 | キャリア資格ニュース

アメリカの雇用情勢の悪化

アメリカの雇用統計によると失業率の悪化が続いているようで、景気の鈍化が心配されているようです。
アメリカの財政赤字問題も深刻で連邦債務の上限引き上げに議会の承認を受ける必要があるのですが、なかなか進展せず、このままだと国債のデフォルトから金融危機を招く可能性も指摘されていて、雇用情勢の一層の悪化は避けられないかもしれません。
posted by mabou at 23:22 | キャリア資格ニュース

私のしごと館閉館

厚生労働省の雇用・能力開発機構が所有する私のしごと館は、赤字経営が続いて閉館に追い込まれましたが、その後も売却先が決まらずに放置されているといいます。
私のしごと館だけではないのでしょうが、巨額の資金をつかって箱物を作っても維持していくのにお金がかかるだけというところが多いようです。
やはりキャリアアップに役立つような利用法ができなかったというのが閉館につながったのでしょうが、景気が悪く失業率も高く仕事を探す人が多い時代に閉館は残念です。
posted by mabou at 06:12 | キャリア資格ニュース

新卒者の就職

大卒の新卒就職率は過去最低となって、就職戦線は依然として厳しい状況が続いているようです。
東日本大震災の影響もあるでしょうが、厳しい経営環境に新卒者を採用する余裕のない企業も多かったのかもしれません。
景況感はよくないようで企業側の危機感が反映されているのでしょう。大卒の新卒者の就職戦線は当分は厳しいものと覚悟する必要がありそうです。
posted by mabou at 22:36 | キャリア資格ニュース

お笑い芸人のキャリアアップ

お笑い芸人になるのに資格がいるとは思いませんが、キャリアアップは一般の仕事と同じように大事でしょう。
今ではいろんなお笑い芸人が競う大会があり、そこでグランプリを取ることが仕事増につながり、人気が出ることにもつながるようで、必死で大会を勝ち上がっていくことが重要でしょう。
いろんな大会で上位に食い込んでマスコミに取り上げられることが人気を上昇させていくうえで欠かせないキャリアアップの方法となっているようです。
posted by mabou at 21:22 | キャリア資格ニュース

パナソニックでも人員削減

これまで松下電器では人員削減は避けられてきたといいますが、東日本大震災による売り上げの減少もあるのでしょうが、子会社の三洋電機などを中心に人員削減が実施されるといいます。
東日本大震災や福島第一原発事故による節電や停電が経済に与えた影響は大きいといわざるを得ず、多くの企業で人員削減が行われていることでしょうが、キャリアアップへの努力をやめてしまうことは避けて欲しいものです。
posted by mabou at 23:05 | キャリア資格ニュース

教員免許の更新について

教員免許の更新についてはいろいろとあって、更新が必要なくなるのではないか、といわれていたところが、必要となったままのようで、急いで免許更新に必要な講座を受けるために予約が殺到している状況のようです。
専門性が高まるにつれて、こうした資格の更新制度もほかの資格にも広がっていくのかも知れません。
こうしたキャリア関連の資格の更新性がひろがれば、そこに新たなビジネスチャンスが生まれるかもしれず、経済的な効果としては有用と思われます。
資格の更新で教員の実力も上がり、経済効果も期待できるとすると制度的にも悪くないことと思われます。
posted by mabou at 11:19 | キャリア資格ニュース

日本航空の再生

日本航空は破綻の後、リストラ推進が功を奏したようで、利益が上がり、更正手続きを終了し、今度はボーナスが支給できる見通しといいますから、経営をしっかりやれば利益が上げられるということになるのでしょう。
社員の意識改革も重要であったと思われますが、節約して利益を上げるという目的意識が必要なのでしょう。
大企業という意識で時間がくれば仕事はおしまいという公務員のようといわれる仕事の仕方では通用しない時代になっているのかもしれません。
posted by mabou at 23:19 | キャリア資格ニュース

原発作業員と下請け

原発で働く場合は下請け労働になることが多く、下請けの下請けと言う具合になって中間マージンが増えていき、実際の作業員の日当は低くなっていく形になっているといいます。
現場で働く作業員は、特に資格も必要とされず、危険な作業の割には日当が低くなってしまいがちといわれ、仕事の発注者が電力会社に限定されてしまうことから、なかなか作業員の待遇は改善されないところがあるようです。もちろんキャリアアップなど考える事は困難でしょう。
posted by mabou at 04:36 | キャリア資格ニュース

首相の辞任時期?

東日本大震災の対応が批判される首相ですが、辞任について政局は混乱のきわみにあるようで、民主党内部からも首相の辞任を促す動きが出てきているようです。
キャリアの頂点ともいえる総理大臣ですが辞め時も重要で、復興に向けて求心力が保てるような引継ぎを考えるべきなのでしょう。
まわりの方もやめる方向で模索しているようですが、キャリアに傷をつけないためにも身の引き時は重要でしょう。
posted by mabou at 23:06 | キャリア資格ニュース

看護職の待遇改善?

看護職の仕事については、休みがとれず人員不足から仕事がきつく、賃金も安いということで退職希望者が思いのほか多いようです。
キャリアアップに燃えて順調に仕事が進んで行けばいいとは思いますが、現実は看護職員不足でハードな勤務実態になっているようです。
看護士に余裕がなくなると良質な医療の提供は難しくなると思われ、看護士の職場環境の改善など待遇改善が求められているようです。
posted by mabou at 22:23 | キャリア資格ニュース

中国の就職事情

中国経済は以前好調で、日本の高度経済成長時代のように賃金も上昇し、よりよい給料を求めて転職することも少なくないようで、所得は今後も伸びて行きそうです。
ただし就職難の職種もあるようで、一概に大学新卒者のキャリアアップが順調とはいえないようです。
経済が伸びれば、チャンスも拡がるわけで、多くの若者が都会に就職先とキャリアアップも求めてやってくるように見えます。
posted by mabou at 06:56 | キャリア資格ニュース

就職戦線異変あり

今年は東日本大震災や福島第一原発の放射能漏れ事故などが重なり、就職の内定が取り消される例もあり、就職活動自体がずれ込んでいるといいます。
就職活動中の学生にも混乱があるようですが、就職を手控える企業も増えるという予想もあって、就職戦線の厳しさは変わらないようです。
復興事業による景気の浮揚も期待されているのですが、今のところ景気の落ち込みは大きいようで、就職活動の厳しさが予想されます。
posted by mabou at 19:53 | キャリア資格ニュース

新卒者就職応援プロジェクトについて

東日本大震災では多くの企業が被災して、事業の継続も困難になっているようですが、就職の内定も取り消されたケースも少なくないようです。
そうした就職希望者を応援する新卒者就職応援プロジェクトがあって、こうしたプロジェクトを利用して就職にこぎつけた新卒者も出ているといいます。
震災という天災に負けないでキャリアアップに道が開けるよう支援体制の充実が望まれています。
posted by mabou at 21:48 | キャリア資格ニュース

65歳定年制?

年金制度は旧社会保険庁時代から不祥事が続いてすっかり信用をなくした感があり、年金制度自体も少子高齢化の影響もあって持たなくなるのではないかと心配されています。さらに厚生年金の支給開始年齢が引き上げられることになるそうで、老後の生活保障は心細くなる一方です。
そうなると定年を延長して働き続けるしかないのかもしれません。
はやく引退して年金生活に入りたいという願いは遠くなるようです。
posted by mabou at 07:38 | キャリア資格ニュース

若者の失業率

景気はよくないようで、金融危機の影響や東日本大震災の影響もあるのでしょうが、特に若い年代の失業率の増加が心配されています。失業していてはキャリアアップもままならず、何とか若年層の失業率の改善を図る必要があるでしょう。
日本の終身雇用制もすでに過去のものとなったようで、厳しい経済環境が若者の雇用悪化につながっているようで、今後はさらにジョブトレーニングの推進が必要のようです。大学だけでなくキャリアアップに役立つ教育機関が必要になってくるのではないかと思われます。
posted by mabou at 06:08 | キャリア資格ニュース

アメリカの雇用にブレーキ?

アメリカでの非農業部門就業者数の増加は今でも続いているものの予想を大きく下回っていることからアメリカの景気の先行きが心配されているようです。失業率も悪化しているようです。
アメリカの景気回復が鈍ることはドル安の原因になるようで、日本としては円高によって輸出が減少すれば、景気の悪化につながりかねないことになりそうです。
東日本大震災の後の消費自粛ムードもあって、景気回復が心配されている日本で円高から輸出が減少することはマイナスといえるでしょう。日本でも失業率は悪化しているようで、震災の影響で就職の内定が取り消されたりもしていますから景気回復には大きな期待がかかります。
posted by mabou at 06:44 | キャリア資格ニュース

キャリアアップと転職

職場の人間関係や待遇などに不満を持って、転職でキャリアアップを図るというケースも少なくないと思いますが、転職したからそうした問題が解消するというわけでもないようです。
転職先でも新しい人間関係が良好に築けると決まったわけでもなく、新たに取り組む分野に自分が適応していけるとも限りません。
しかし、逆に転職して良好な人間関係が築けたり、新分野の仕事に適応できたりするとプラスにもなるわけで、サバイバル能力を高めて会社に関わりなく仕事ができていけるというキャリア上の自信となる可能性もあり、現在の職場での改善が望めなければ転職も選択肢のひとつといえるのでしょう。
posted by mabou at 06:55 | キャリア資格ニュース

就職難と東日本大震災

今年はもともと景気が悪く就職難のところへ東日本大震災で多くの企業が工場を津波で流されるなど直接被害を受けただけでなく、取引先の企業も部品の供給が受けられないなど間接的に影響を受け、内定取り消しや入社の延期など就職を目指す方にとっては厳しい就職戦線となっているようです。ハローワークには就職先を探す人が数多くつめかけているようです。
希望の企業の内定が震災で取り消され、震災被災者枠で他の企業に就職できた方もいるようで、なんとかキャリア形成に悪影響が出ないよう頑張って欲しいと思います。
posted by mabou at 07:31 | キャリア資格ニュース

就職活動とクールビズ

今年の就職活動は東日本大震災の影響でずれ込んでいるようで、しかも東京電力の福島第一原発事故で節電を余儀なくされていることから、企業側では就職活動にスーツは必要ないとする会社が増えているようです。
就職活動中の学生側は今までどおりスーツ着用の方が多いようですが、冷房も控えめになっていることから暑さを我慢してスーツで面接に臨む必要はなさそうです。
就職活動中の学生にとってはスーツからの脱却は容易ではないでしょうが、少なくとも東日本では節電中ということもありますからクールビズで面接に臨んでみてはいかがでしょう。
電気屋さんでも節電関連の商品の売れ行きがよいようで、就職活動も節電型で行ってみてはいかがでしょう。
posted by mabou at 20:06 | キャリア資格ニュース

東日本大震災と会社

東日本大震災による津波などで操業できなくなっている会社は多く、従業員も解雇されたりして生活再建への道のりは遠いといわれますが、さらに福島第一原発の事故による放射能漏れの影響でも多くの企業が操業不能になっているといいます。
震災後の自粛ムードなど経済の停滞が心配されますが、雇用確保の問題もあり多くの被災企業が再開していけるよう支援策が必要でしょう。金融機関も東京電力の株価下落など業績面で厳しい所もあるのでしょうが、被災地の負担低減にローンの支払延期や免除など検討していく必要があるのかも知れません。
posted by mabou at 11:33 | キャリア資格ニュース

非正規雇用の増加

日本でも長く続いた終身雇用制度はもはや過去のものとなったのでしょうか、正規雇用は減少を続け、非正規雇用が増加しているといいます。
派遣社員など働きか方が多様化したのはいいのでしょうが、雇用が安定せず、賃金面や福利厚生面などでもめぐまれているとはいえないようです。
キャリアアップにも非正規雇用ではプラスになるとは限らないようで、正規雇用を希望する求職者も多いように思われます。しかし、コストダウンの競争も厳しさを増してきているようで、企業側にとって非正規雇用の必要性は無くならないように思われます。非正規雇用はマイナス面もプラス面もあるでしょうが、キャリアアップにつながるように上手に利用することが必要でしょう。
posted by mabou at 07:05 | キャリア資格ニュース

5月病について

4月に入社した新入社員のなかには5月病のような症状を訴える人も少なくないようで、せっかく就職してもすでに仕事を辞めたくなっている人もいるようです。
社会人となっての環境の変化は予想以上なのかもしれませんが、仕事に慣れないまま辞めてしまうとしたらもったいないかも知れません。
少しでもその仕事のつらさだけでなく楽しさも感じられるように頑張って欲しいものと思いますが、学生時代とは違いますからなかなか厳しいかも知れません。
posted by mabou at 20:11 | キャリア資格ニュース

東京電力の格付け引き下げか?

東京電力の放射能漏れ事故に伴う賠償責任については、まだ賠償金額も確定されず、巨額の賠償金が発生することは間違いないのでしょうが、政府としては債券の放棄を銀行などに要請しているようで、銀行側の反発を招いているようです。
債券放棄という事態になるとデフォルトと考えられて格付け機関の東京電力に対する格付けは大きく引き下げられる見込みで、債権放棄が行われるかどうかは今のところ不明のようです。
借金の棒引きに融資側が応じるのか注目です。
posted by mabou at 21:40 | キャリア資格ニュース

東日本大震災関連の失業

東日本大震災では津波で港湾設備が破壊されたり、田畑に海水が押し寄せたり、商店や工場が流されたりと、農業、漁業、商業、工業などと幅広く被害が広がり、仕事を失った失業者も10万人単位で増えているといいます。
被災地外ではともかく仕事を被災地で見つけることは困難で今後の生活保障が得られないという困難に直面しているといいます。
posted by mabou at 20:30 | キャリア資格ニュース

看護師の離職率改善

看護師の仕事はきつい、汚い、などよいイメージがないという方もいるように、職場での離職率も低いとはいえません。日本看護協会でも看護師の離職率を下げるための活動を行っているようで、夜勤などの負担を減らすことが重要といいます。
働きやすい職場を作らなければ離職率は高くなるでしょうからキャリアアップのために仕事を続けられる環境作りが大事となってくるでしょう。
posted by mabou at 00:02 | キャリア資格ニュース

自衛隊の被災地手当てについて

東日本大震災では被災手で多くの自衛隊員が活動して危険な任務に当たったわけですが、福島第一原発の放射能漏れ事故の対応にあたったことも含めて被災地での手当てが増額されるということで喜ばしいことと思います。
しかし、一方では福島第一原発の放射能漏れ事故の損害賠償も含めて公的資金投入が必要になっている東京電力の役員報酬などニュースで報道されていますが常識的には高額すぎて支援を受ける会社の話とは思えません。
一般社員の方々には気の毒な気がしますが東京電力にはさらなるリストラが必要と多くの方が考えるのは当然といえそうです。
posted by mabou at 09:25 | キャリア資格ニュース

福島第一原発での作業

福島第一原発での作業にもかかわらず、違った業務で求人が出ていて、実際着いたら福島第一原発での作業だったという、まるで戦後のどさくさの人集めのような事態が起きているようです。
福島第一原発では死亡する作業員も出ていて、防護服を着ての作業は蒸し風呂状態で脱水状態で倒れる人も少なくないといいますから注意する必要があるでしょう。
震災関連で仕事を失った人も少なくないと思われ、仕事があるのはよいのですが、誤った情報で求人を出すのは問題でしょう。
posted by mabou at 20:16 | キャリア資格ニュース

原発事故にともなう不景気

福島第一原発の放射能漏れ事故の被害は甚大で、東日本大震災による新規採用の手控えや入社の遅れなど雇用面でも厳しさが増しているようです。
さらには業績悪化から年収ダウンの会社もあるようですし、国家公務員給与の削減も予定されているようです。
それでも逆境の中、業績を延ばしている会社も存在していますから、アイデアや工夫をかき集めて生き残り策を考えていかなければならないのでしょう。
その中でキャリアアップを目指していくのは大変なことです。
posted by mabou at 23:56 | キャリア資格ニュース

東京電力のリストラ

東京電力は公的な融資を受けて福島第一原発の放射能漏れ事故などの被害を補償することになり、国の経営への監視が強まることになり、早期退職の募集や企業年金の削減など、できる限りのリストラを進めて融資への国民の理解を得やすいようにしていくことになりそうです。
東京電力だけで巨額の賠償金の支払いに当たることは困難で、国の支援は欠かせないのでしょうが、今後は電気料金の値上げも必要になるかも知れません。
posted by mabou at 17:13 | キャリア資格ニュース

東京電力のさらなるリストラ

東京電力は福島第一原発の放射能漏れ事故に伴う損害賠償が数兆円規模に上る予定で、とても一社で賠償する規模ではないようで、国の支援を要請し、役員報酬を半減するなどリストラ策を発表していましたが、公的な負担で東京電力を支援するにはさらなるリストラを進めて国民の理解を得られやすいようにする必要があるといわれているようです。
これだけ農業、漁業、工業、商業と広い範囲にわたって被害が大きいと、東京電力だけで補償に応じるのは困難でしょうから国の支援は欠かせないでしょう。さらなる企業努力で東京電力は電力料金の値上げについても国民の理解が得られるよう努力する必要がありそうです。
posted by mabou at 07:20 | キャリア資格ニュース

電力会社への天下り

東日本大震災では福島第一原発が放射能漏れ事故起こした東京電力をはじめ電力会社には経済産業省からの天下りが続いていて問題視されています。官僚の天下りについては弊害もあると考えられ自粛が要請されていますが一向に無くならないようでキャリアアップの方法にも変革が必要なのかも知れません。
天下りに変わるキャリア官僚の有効な活用法についても議論されるべきなのではないでしょうか。
posted by mabou at 00:56 | キャリア資格ニュース

公務員の給与引き下げ?

東日本大震災での大きな被害から復興する資金捻出は復興税など増税の可能性が高いといわれ、公務員の給与も引き下げられて復興資金の捻出に一役買うことになるかも知れません。公務員のキャリアアップに影響が出るかも知れません。
それでも巨額の復興資金には不足ですから、増税のほか国債の発行など国の借金が増える可能性も高いといい、厳しい財政状況の国としては切羽詰った思いがあるのかも知れません。これ以上の借金増加を避けながら復興資金を作り出すには税金を増やすのがいいのかもしれません。
一方では中東などの政情不安など商品市場は値上がりが続き家計への負担は重くなってきそうです。住宅ローンなど借金を抱えている方は低金利やデフレの場合は負担が少ないのですが、今後はインフレや金利上昇の可能性もあって要注意です。
posted by mabou at 04:58 | キャリア資格ニュース

スペインの失業率

スペインの失業率が驚くほど高く、ヨーロッパ連合内での景気のいい国と悪い国の差が拡大しているような気がします。ヨーロッパ連合内ではギリシャの債務危機が記憶に新しいと感じますが、問題はギリシャだけでなく、ポルトガルなど多くの国の財政状態は悪化しているようです。
ヨーロッパ連合内での財政赤字の基準を上回る赤字が出ている国の方が財政赤字を抑えられている国よりはるかに多く、失業率も高いというキャリアアップにはうれしくない状態になっているといえます。
posted by mabou at 01:43 | キャリア資格ニュース

求人数の減少

東日本大震災では多くの会社が被害を受け、被災地のみならず関連する企業が多いと思われる関東地方など、広い範囲で求人数の大幅な落ち込みがあり、一方では被害を受けた企業を中心に解雇数も増加しているため仕事を探すのが大変な状況になっているようです。
自動車産業は輸出関連では重要な分野ですが、工場の被災で部品調達が困難となり、その影響はアメリカなど海外にまで及んでいて大幅な減産となっていて、当然ながら仕事は減っていると考えざるを得ません。
posted by mabou at 09:50 | キャリア資格ニュース

失業者の急増

東日本大震災では多くの会社が地震や津波の被害を受けて雇用の維持ができなくなっています。
当然、会社から解雇の申し渡しを受ける方も増えていて、ハローワークでの失業保険の申請も増えているといい、失業者は仕事を探して努力を余儀なくされているようです。
震災復興関連の仕事で収入を稼ぐケースも少なくないようですが、継続した雇用にはなっていないようで、多くの失業者が今後も仕事を求める状況は続くのでしょう。
震災で工場が壊れて部品などの供給が不足したり、福島第一原発事故による放射能漏れや電力不足、風評被害などにより倒産する会社もまだまだ出てきそうで、失業率の上昇が心配されます。
posted by mabou at 00:25 | キャリア資格ニュース

東京電力の報酬カット

東日本大震災における津波被害を受け、福島第一原発からの放射能漏れ事故により、放射能による風評被害をはじめ多くの損害賠償を請求されるであろう東京電力では、役員報酬をはじめ従業員など報酬のカットやリストラで資金集めを行っているようですが、あまりに補償金額は巨額と考えられ、国の支援がなければ到底払えるような金額ではないようです。
東京電力では、キャリアアップどころではないと思いますが、新規の採用も控えるようで、一層のリストラが必要になるのかもしれません。
posted by mabou at 22:56 | キャリア資格ニュース

公立学校での採用見送り

東日本大震災に続く福島第一原発の放射能漏れ事故もあり、多くの小中学校で生徒が県外へと移転している福島県では、例年採用する公立小学校や中学校での教員採用を取りやめるそうです。もちろん、ほかの企業でも就職内定が取り消されたり、雇用が維持できなくなったりと就職やキャリアアップには逆風となっています。
地震や津波だけでなく放射能漏れによる風評被害なども企業の負担となっており、その損害は甚大で雇用の確保にも相当の努力が必要とされることでしょう。そんな中での教員採用の見送りは残念ですが、不採用になっても新天地での奮起が望まれます。
posted by mabou at 21:43 | キャリア資格ニュース

自然エネルギーへの回帰?

東日本大震災の後に起きた福島第一原発の放射能漏れ事故は未だに収束の見通しが見えず、世界中で反原発の機運が高まっています。オーストラリアは原発を推進しないという方針のようで、日本でも自然エネルギーの利用を進める財団の立ち上げなど、原発からの脱却を目指す動きも出てきているようです。
環境にやさしいエネルギー源として、風力発電など注目されるエネルギー源もあり、できれば震災で多くの会社が被害を受け、失業している方も少なくないことから、新しいエネルギー産業が雇用の創出にも役立つことが期待されます。
新しいテクノロジーの導入で新しい仕事が生まれ雇用の増加につながることが望まれます。
特に原発の放射能漏れ事故の影響の大きい地域での新しい雇用につながればよいのでしょうが。
posted by mabou at 06:18 | キャリア資格ニュース

柔道指導者資格制度

柔道の練習中などに頭部外傷など重度外傷が多発しているようで、遂に指導者資格制度を設けて安全性を高めようということになったようです。武道が教育に取りれられるのはよいのですが、経験のみに頼って指導するのではなく、科学的なトレーニングを取り入れて安全で効果的な練習を行うことが望まれます。
指導者の安全性への意識を高めるという方向性は望まれるところで、今後のスポーツ外傷全体の減少へと向かっていくことが望まれると思います。今後、武道が中学校の必修科目になるといい、資格制度の導入で事故の防止に努力する必要があるということなのでしょう。
健康維持に役立つはずのスポーツで健康を損なうことのないよう注意する必要があるでしょう。
posted by mabou at 17:49 | キャリア資格ニュース

東日本大震災と雇用

リーマンショックに続く金融不安で雇用状態は悪化したそうですが、今回の東日本大震災後の景気悪化で仕事が思うように見つからない方も増えていると思います。
なかには就職の内定が取り消しになった方もいるようで、希望通りの仕事を見つけることは当分困難な情勢のようです。
雇用の確保なしに生活の安定は望めず、震災からの復興への道のりも遠くなるでしょうから企業の事業継続への支援の意味でも震災被災地の復興の青写真が早急に作られるよう努力する必要があるでしょう。
勤務先の再開が望めず、給料も未払いの場合には国が立替で仮払いしてくれる場合もあるようでハローワークなどに相談してみることが勧められますが、直接被災していない事業所も仕事が減るなどキャリアアップも大変な状態になっています。
さらには復興財源の問題で増税の可能性もあり景気の先行きは不透明のようで雇用の増加が可能なのか心配なところです。
posted by mabou at 13:18 | キャリア資格ニュース

震災避難生活の解消

東日本大震災では地震、津波に加えて福島第一原発放射能漏れ事故などで避難所生活を余儀なくされている方が多いのですが、政府の側からは避難所生活からどうやって通常の生活へと復旧させていくのか、いまだにはっきりした見通しは提示されていないようです。
民主党政権はキャリア官僚などを総動員して震災からの復興の青写真を作ることが急務とされているのではないかと思われますが、なかなか政治主導といってもうまく機能していないようにも見えます。
一方では監督官庁からの官僚の天下りは続いているようで、東京電力でも監督する立場上、官庁からの天下りが問題ではないかという指摘もあり、官僚のキャリアアップの方法を考える必要があるのでしょう。
posted by mabou at 12:59 | キャリア資格ニュース

東日本大震災の補償金

東日本大震災に関連する被害は大きく、東京電力はようやく仮払い金の支払いを始めているといいますが、勤務先の会社が被災して仕事を失ったり、津波や福島第一原発からの放射能漏れなどで仕事ができない方など多くの方が仕事を必要としています。
被災地が復興するためには仕事を再開し、雇用の回復をはからなければならないのでしょう。
仕事を増やすように被災地の復興策の青写真が迅速に作られることが肝心でしょう。
posted by mabou at 21:37 | キャリア資格ニュース

東京電力への天下りについて

福島第一原発では、東日本大震災による放射能漏れ事故から今も放射能による汚染が続いていますが、監督官庁の経済産業省からの天下り問題で、監督が十分ではなかったのではないかとの疑問も出ているようです。
省庁内でキャリアを積み重ねて、最後は退職後に関連業界の企業に就職先を確保するのが一般的なキャリアアップの方法なのかもしれませんが、お互いの馴れ合いを生み出すことで監督が十分行き届かなくなる恐れはあるでしょう。
今回の福島第一原発からの放射能漏れ事故に伴う各方面への損害の大きさを考えると電力供給についての事故防止など監督が必要なのは言うまでもないでしょう。
そうした慣習が今後も続くなら、東京電力の国有化も十分理由のあることかもしれません。公務員のキャリアアップにはもう少し違った方向性が必要なのかもしれません。
政府は天下りへの批判の高まりもあり、さらに天下りをなくすよう検討を始めるそうです。
posted by mabou at 21:51 | キャリア資格ニュース

東日本大震災後の内定取り消し

今回の東日本大震災後に被災した企業を中心に就職内定後の取り消しも相次いでいるようです。それとは逆に就職が決まっていながら震災後の放射能漏れなど生活に不安を感じて、就職辞退の申し出もあったようです。
いずれにしても地震と津波さらには福島第一原発からの放射能漏れと多くの障害を乗り越えて事業の再出発を目指す企業がなるべく増えて、雇用の回復に光がさしてくるよういろんな支援策が欠かせないでしょう。
しかし、被災地のみならず他の地域でも震災に関連して倒産する企業が出ているようで雇用の回復までには時間がかかるかもしれません。
被災地での内定取り消し者を積極的に採用している企業もありますが、さらにそうした企業が増えて、就職や転職する人のキャリアアップに役立つといいと思います。
posted by mabou at 23:04 | キャリア資格ニュース

▲このページの先頭へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。