スポンサードリンク

非正規労働者の時給がアップ

このところの不況で正規労働者に比べてきびしい労働事情が報じられている非正規労働者の時給が上昇したということで関係者の努力のたまものではないかと思われます。
正社員以外の労働者の待遇改善がさらに進むことがキャリアアップを目指すに際してもプラスになるでしょうからこうした動きが継続することが望まれます。
posted by mabou at 23:42 | キャリア資格ニュース

今年のボーナス

今年のボーナスは、円高やタイの洪水や東日本大震災などの災害もあり企業業績も不調のところも多く減少する見込みといいます。
新規採用を減らす企業も多いようで、キャリアを始めようとする新人には厳しい就職活動が待っているようです。なんとかヨーロッパの金融不安が収束して世界的にも景気が上昇することを期待したいです。
posted by mabou at 22:31 | キャリア資格ニュース

ユーロ圏の失業率

ギリシャの債務問題から広がったヨーロッパの信用不安も、支援体制が整うにつれて危機は遠ざかったかの様に見え、価値の下落していたユーロも上昇し、見た目にはヨーロッパの経済危機も去ったかのように見えます。
しかし、失業率は南ヨーロッパを中心に以前として高水準で推移していて、経済状況の厳しさが続いていると考えられ、まだまだ油断はできない状況のようです。
posted by mabou at 23:18 | キャリア資格ニュース

国家公務員の削減

日本の財政状況は厳しい状況で、消費税の増税が実現しないと国債が暴落する危険性も指摘されているほどです。
消費税増税に対する理解を求めて、国家公務員の削減など身を切る改革にも着手する必要があるといわれていますが、公共サービスの低下を心配する声もあるようで問題はまだまだ続きそうです。
posted by mabou at 23:38 | キャリア資格ニュース

過労死とIT

IT企業は時代の先端を行くといわれますが、実態は過酷な労働が過労死を生みやすいという意見もあるようです。
実際に、地デジへの移行に伴って、システムエンジニアには過酷な作業と労働条件が課せられていたといい、長時間の労働もあって鬱状態に陥った社員も少なくないということです。
コンピューター相手に長時間にわたる仕事ですから、それだけストレスも大きいということかもしれません。
posted by mabou at 20:08 | キャリア資格ニュース

若者の就職難

日本では大学や専門学校を卒業しても就職難はあるようで、企業の正規職員となるのは簡単ではなさそうです。
非正規職員が起業にとっては経費節減にもなるようで、なかなか正規職員の採用には慎重なところが多くなっているようです。
しかし、若者の就職難が続くことは勤労意欲を失う労働者の増加につながりかねませんから、経済成長にとってはマイナス効果となりそうです。
posted by mabou at 18:48 | キャリア資格ニュース

中高年フリーターの増加

バブル崩壊後から就職難もあって増えているといわれるフリーターも、時代が推移して中高年のフリーターとなっているのではないかといわれています。
雇用者である企業側からは人件費のかかる中高年は歓迎されないようで、就職も難しくなる一方のようです。
やはり企業側としては人件費が安く済む若い世代での人材を求める傾向が強く、中高年フリーターの就職事情は厳しいようです。
posted by mabou at 18:03 | キャリア資格ニュース

企業内保育園と女性力

企業にとっては女性も大きな戦力で、企業内に保育園を設置することで女性の力を活用しようと企業内保育園を充実させている会社もあるようです。
posted by mabou at 21:25 | キャリア資格ニュース

有給休暇と日本

各国の有給休暇の消化具合を見ると、やはり日本の消化率は最低らしいです。
働くことは大事ですが、休みが取りにくい日本の職場環境が、仕事に関連するストレスを増加させているのではないかと心配です。
日本の職場のストレスが他の国に比べて大きくないように、職場環境をより快適にする必要があるでしょう。
posted by mabou at 21:17 | キャリア資格ニュース

公務員の削減問題

日本の赤字は国際的にも巨額といえるうえに、今回の東日本大震災の復興財源もどこかで捻出する必要があり、国家公務員の採用を抑える必要があるようです。
国家公務員の削減も増税で国民負担を増やすことに対する理解を求めるのに必要ということなのでしょうが、日本の財政状況もそれだけ厳しいということでしょう。
posted by mabou at 21:39 | キャリア資格ニュース

大阪市バスの赤字

大阪市は市バスの赤字と地下鉄の黒字が分離されて、市バスの職員給与や退職金の財源がなくなるという事態に陥っているようです。大阪市バスの累積赤字は放置できないでしょうから、何らかの改善策が必要でしょうが、市バスの存続が可能なのかという事態にもなりかねないような感じを受けます。
posted by mabou at 21:15 | キャリア資格ニュース

男女別賃金の推移

近年は不況の影響で仕事があるだけよいといわれていますが、男性の賃金の伸びは期待できないようです。
一方で女性の場合には賃金上昇の希望が持てるようだといいます。
キャリアウーマンという言葉がかつてはやりましたが、女性の進出は著しいようで、女性にはもっともっとキャリアアップして男性諸氏を部下にして仕事をしてほしいと思います。
posted by mabou at 22:47 | キャリア資格ニュース

高年齢者雇用安定法改正案

年金の支給開始が遅くなって、定年退職したものの年金がもらえないという無収入状態を避けるために、高年齢者雇用安定法改正案では65才までの再雇用が企業側に課せられることになるようです。
キャリアップを目指した会社から放り出されて年金ももらえないというのでは寂しすぎますから、さらに会社で働けるように制度の改正が必要でしょう。
posted by mabou at 21:37 | キャリア資格ニュース

航空会社の早期退職制度

航空業界では格安航空会社の参入を見込んで早期退職の希望者を募集する動きもあるようで、厳しい価格競争に生き残っていくには大変なようです。
航空会社などへの就職を希望する場合は、日本以外の航空会社も視野に入れて就職活動が必要になってきそうです。
posted by mabou at 22:19 | キャリア資格ニュース

上司のお国柄

国際的な企業では上司に外国人が当たることも珍しくなくなりつつあるようで、日本人としては外国人との付き合いが不慣れなこともあって注意する必要があるようです。
ドイツ人の上司は理詰めで話が来るとか、アメリカ人の上司はフレンドリーだがハイパフォーマンスを求めてくるとか、それぞれのお国柄でくせを持っているようなので、日本人と違った特性を理解しておくことが求められます。
posted by mabou at 16:07 | キャリア資格ニュース

プロ野球選手のセカンドキャリア

華やかに見えるプロスポーツ選手のなかでもメジャーリーグを目指してキャリアアップをはかる選手も多いのがプロ野球ですが、多くの選手は引退後のセカンドキャリアについては不安を感じているようです。
野球をやめて何ができるのかと、はたと考え込んでしまう場合も少なくないようで、引退後のセカンドキャリアも野球の指導者を望む選手が多いようです。
あとは特別な資格がなくてもできる飲食店の開業が多いようですが、これもプロから見れば甘い道ではなさそうで、セカンドキャリアで成功することも簡単ではないようです。
posted by mabou at 23:08 | キャリア資格ニュース

9月入学が現実に?

東京大学が秋入学を検討することになったようですが、それに続いて東北大学も秋入学を検討するようで、日本の大学もようやく国際化に向けて学生確保に本腰を入れてくることになるのかも知れません。
折から、日本では少子化が進んで優秀な学生の確保に困難を感じている大学も多いようで、国際化の波の中で生残りをかけて大学間の競争が激化していくのでしょう。
posted by mabou at 22:30 | キャリア資格ニュース

大人の発達障害

発達障害には、アスペルガー症候群や注意欠陥多動性障害などがあるそうですが、子供だけでなく大人の発達障害が増加して、仕事やキャリア形成の上でも障害となっているそうです。
発達障害に関連する仕事上の失敗が疑われたら専門医に相談に行くべきかもしれません。
キャリア形成を考える上でも発達障害があることを知っておく必要があるでしょう。
posted by mabou at 21:57 | キャリア資格ニュース

オリンパスの損失隠し

オリンパスの損失隠しに関連しているとされる経営陣が会社から訴えられるという事態になっていて、会社としては損害賠償訴訟を起こさないと株主代表訴訟が起こされるという事情もあったのでしょうが、これからオリンパスが再生していくかどうか注目されます。
日本企業のコーポレートガバナンスに問題があることは確かなのでしょうが、欧米流のやり方がそのまま持ち込めるとも思えないので、日本企業にあったコーポレートガバナンスに向けた改革が行われていく必要があるのでしょう。
posted by mabou at 19:40 | キャリア資格ニュース

震災と失業

東日本大震災に関連して失業した方の数は今でも減っていないようで、被災地の復興にマイナスとなっているといいます。
中小企業が被災して従業員が職を失うケースでは、なかなか次の就職も簡単には見つからないようです。
とくに期間雇用が多く、多くの失業者が望む正社員での雇用はまだまだ数が少ないようです。
posted by mabou at 22:03 | キャリア資格ニュース

リーマンショック後の就職

リーマンショック後の資金繰りの悪化は、派遣社員のみならず正社員にも影響が出ているようで、自分が正社員だから、あるいは若手だからと安心はできないといいます。
正規社員が減少していく中で、正社員の地位も安泰ではないという厳しい現実を乗り越えていくためには自分に自信が持てるような投資を普段から行っておくしかないのかも知れませんが、教育が一番の投資ともいえます。キャリアアップには勉強してさらなる技量や知識の向上に励むことが大事でしょう。
posted by mabou at 07:41 | キャリア資格ニュース

中国富裕層の投資移民

中国では富裕層が永住権のもらえる国への移民を考えているといい、投資移民として海外へと移動する動きが盛んだといいます。
日本は永住権がもらえる国には入っていないようですが、今後の中国富裕層が投資を考える国として取り上げられる可能性は高いようで、投資を呼び込んで経済成長へとつなげていく対策も必要になってくるかも知れません。
posted by mabou at 21:25 | キャリア資格ニュース

中国の失業率対策

中国では今後も農村部から都市部への労働者の流入が続くようで、こうした労働者の失業率を抑えるために新たな雇用創出で対処していく方針といいます。
中国経済も欧州の債務危機の影響で、輸出が鈍化しているようで、今後も高い経済成長が続くとは限らないといわれますが、失業対策は重要で、政治的な配慮も働いているとは思われますが、雇用の創出にどんな手を打ってくるのか注目されます。
posted by mabou at 20:28 | キャリア資格ニュース

弁護士の就職難?

今年も難関の司法試験を通って司法修習生となり、晴れて卒業試験も合格したにもかかわらず、弁護士として登録していない方が少なくないといいます。
つまり弁護士にも就職難の時代となっているようで、世の中が不景気なのと無関係ではいられないようで、仕事が増えていないのかも知れません。
資格と仕事が必ずしも直結しないことにも注意する必要がありそうです。
posted by mabou at 23:35 | キャリア資格ニュース

日本企業と外国人

昔と違って今では外国人は企業の即戦力として期待されているようで、日本企業が積極的に外国人の採用に乗り出しているといいます。
外国人の中でも経済成長が著しい中国は貿易の相手国としても重要で、中国語を使える人材が不足気味ともいわれ、中国人の日本での活躍が期待されるところとなっています。
posted by mabou at 22:18 | キャリア資格ニュース

被災地での求人

東日本大震災では多くの企業が津波の被害を受けるなどして従業員を解雇して、就職先を探す人が少なくありませんが、求人側では期間雇用者を求めるところが多いため、正社員としての仕事を求める求職側とのミスマッチが目立つといいます。
復興を進めていくためには、このミスマッチの解消を目指して失業者の減少に結びつく取り組みが求められます。
posted by mabou at 22:32 | キャリア資格ニュース

司法修習生の卒業試験

新司法試験を合格した司法修習生の卒業試験は不合格者はやはり少数のようで、不合格でも再び司法修習生として採用されれば来年再び卒業試験が受けられるといいます。
司法試験という難関を潜り抜けたのですから、何としても卒業試験も突破して弁護士などで活躍してほしいものです。
posted by mabou at 22:16 | キャリア資格ニュース

震災被災地での就職

東日本大震災では勤務先の会社が被災するなどして職を失った方が多いと思われ、失業保険の給付を受けている方も少なくありませんが、来年には給付も切れるケースが出てくるといいます。
いまだに復興は進行中ですが、職探しは簡単ではなさそうで、復興を進めるとともに就職支援などを強化していく必要がありそうです。
posted by mabou at 12:03 | キャリア資格ニュース

タイ洪水被害で日系企業の閉鎖

タイでは多くの日系企業が工場を操業させていますが、今回の記録的な洪水で多くの工場が浸水しています。
長い間、水につかった工場の復旧には多額の資金が必要で、すでに工場の再開を断念した企業も出ています。
工場の従業員は全員解雇される予定といいますからタイにとっても失業者が増えることになって痛手といえるでしょう。
posted by mabou at 22:01 | キャリア資格ニュース

社内失業の問題

日本の企業では実際の仕事よりも社員の方が多いという問題が出ているそうで、余剰人員は社内失業といわれて、若いのに仕事らしい仕事がなく、もちろん残業するほど仕事はないので残業代ももらえず、前途を展望することが難しくなって困難な立場に追い込まれるといいます。
日本の閉塞感を打ち破るためにも、またキャリアアップのためにも若者が仕事に充実感を持てるような職場が増えていったらいいなと思います。
posted by mabou at 22:30 | キャリア資格ニュース

就職活動の勝ち組と負け組

世の中は不景気で、生残りをかけた企業にとっては求める学生像は同じようなタイプに偏ってくる傾向があるそうで、そうした企業が求める就職活動の勝ち組学生は全体の2から3割にすぎないといいます。
逆に就職もせず進学もせずといった就職活動の負け組の学生も多く存在するわけで、こうした学生が就職していくことは簡単ではないようです。
posted by mabou at 21:09 | キャリア資格ニュース

インターンシップ

大学生に実際の仕事を知ってもらおうとインターンシップが多くの企業で取り入れられていますが、仕事に使われる学生からはアルバイト代わりに使われているといった声も聞こえるようです。
多くの企業でアルバイト学生の代わりにインターンシップの学生が使われているとしたら問題もあるかも知れませんが、それも仕事のひとつと割り切って仕事を覚えるのもいいのかも知れません。
posted by mabou at 20:55 | キャリア資格ニュース

アメリカシティグループの人員削減

リーマンショックがやっと一息ついたと思ったら、欧州債務危機が金融機関にとっては大打撃のようで、世界的な景気の低迷から金融業界ではリストラが盛んに行われているようで、アメリカの大手金融機関であるシティグループの人員削減も大規模に行われるようです。
業績が落ちれば職員の削減はやむを得ないのでしょうが、そのことがさらに景気を悪化させて悪循環に陥っていく可能性もあるでしょう。
posted by mabou at 00:10 | キャリア資格ニュース

マクドナルドの新卒採用増

日本マクドナルドの業績は好調のようで、新卒採用も大幅に増やすといいます。
リーマンショックや欧州債務危機など経済的に暗い話が多い中で、雇用が増えるという話には元気づけられますが、経済成長が続いていくためにはこうして景気のよい話もなくては心理的にも縮こまってしまうような気がします。
景気のよい話が続いてくれることを期待したいものです。
posted by mabou at 23:15 | キャリア資格ニュース

有給休暇の消化率

日本人が仕事をしすぎといわれるのは、こんなところにも反映されているようで、有給休暇の消化率が非常に低く、仕事を離れてリラックスする余裕がないことが見てとれます。
ワーカホリックという言葉がありますが、日本人にはワーカホリックにならないよう注意する必要がありそうです。
しっかりバカンスを楽しんで、キャリアアップもできるような、休暇を楽しむ文化が日本にも必要かもしれません。
posted by mabou at 22:26 | キャリア資格ニュース

スペインの失業率

ヨーロッパでは金融不安が収まらず、景気の悪化もあって失業率が上昇しているようですが、特に若者の失業率が高いことは問題で、スペインなどは若者の半数近くが失業しているといいますから、想像するのも難しいような状況のようです。
こうした若者の不満の高まりもあってスペインでは政権が交代したようですが、財政再建の道のりは簡単ではないようです。
posted by mabou at 22:00 | キャリア資格ニュース

アナウンサーはフリーがいい?

アナウンサーも最初は局アナで、大学を卒業してテレビ局に入社してアナウンサーになる方が多いと思いますが、レギュラー出演が増えて人気も出ると独立してフリーになるアナウンサーも少なくないようです。
独立することは一国一城の主になることですから、病気でもして倒れたら生活の保障はつきませんが、収入面では大幅にアップする場合もあるようです。
したがって、局アナでまずキャリアアップを頑張って、実績を積んで人気が出たら独立してキャリアアップを図るのもひとつでしょう。
posted by mabou at 11:16 | キャリア資格ニュース

アナウンサーから弁護士へ

元アナウンサーが法科大学院から新司法試験に合格して、その後は司法修習生として1年間の実務を経験した後には司法修習生考試に受かって、念願の弁護士としての活動の第一歩を踏み出すことになったというニュースが報じられています。
やはり司法試験という難関を通り抜けて弁護士の資格を手に入れることは大きな喜びになることでしょう。こうした難関資格に挑戦するのもひとつのキャリアアップの方法でしょう。
posted by mabou at 23:10 | キャリア資格ニュース

大手銀行マンの年収

やはりキャリアアップの目標にもなる大手銀行マンの年収は多いようで、金融関係の仕事を選んでキャリアアップを積み重ねれば、目標とする年収を達成できる可能性も高いといえそうです。
金融関連でのキャリアアップの王道は、大手の金融機関での出世といえるかもしれません。もちろん福利厚生だってちゃんとしているでしょうし、老後のことを考えても企業年金が悪いことはないでしょうから、頑張れる方はキャリアアップに邁進してほしいものです。
posted by mabou at 23:08 | キャリア資格ニュース

アメリカの失業率が改善

アメリカでは先月の失業率が改善し、年末商戦の売り上げも好調だそうで、欧州金融危機による株安など景気後退への不安がいったん遠のいたようです。
雇用者数の伸びは家計の財布を緩めることにつながりますから景気回復へと、今までの景気減速から反転して景気のいい方向へと進んで行ってほしいものです。
posted by mabou at 22:52 | キャリア資格ニュース

宅配業と女性

宅配業ではこれまで男性優位の業界で女性は少数派のようでしたが、今回は主婦層を含めて女性のソフトパワーが宅配業界を変えていく力になるかも知れないといいます。
パート勤務の女性の力を使って、台車や自転車で宅配する女性は、今後の宅配便の需要の増加に答えていく業界の助っ人になることが期待されています。
posted by mabou at 22:05 | キャリア資格ニュース

技術系労働者の単価の下落

技術系の労働者は手に職があって就職にも有利と思われがちですが、リーマンショックの後は不景気で、仕事の単価が下落して生活していくの楽ではないといいます。
仕事の単価が下落して大変なのに、さらに仕事の数も減ってしまって、きびしい職場の実態が垣間見えてきます。それでも手に職を持っている方が仕事はしやすいのかもしれませんが、就職状況はかなり厳しいようです。
posted by mabou at 23:11 | キャリア資格ニュース

潜在失業者の問題

失業率に現れてこない失業者が潜在失業者といわれるように、仕事はないけれども求職活動をしていない場合のことが問題になっています。
潜在的な失業者は若い方に多く、失業率に現れてこない失業のため、知らない間に潜在的な失業者の数が増加しているということも考えておく必要があるでしょう。
posted by mabou at 22:51 | キャリア資格ニュース

フェイスブックと就活

フェイスブックに自分が就職を望む業種や業界を登録して、同じような仲間と情報提供などが可能になるサービスが始まっているそうです。
就職に対する準備に情報交換など有意義に利用すると面白いサービスかもしれません。
孤独な就職活動から同じ希望を持っている仲間と就活に励めて、就職活動が少しでも楽しくなるかもしれません。
posted by mabou at 22:47 | キャリア資格ニュース

失業率の悪化?

日本の失業率はしばらくは東日本大震災からの復興需要もあってやや改善していたそうですが、ついに少し悪化したといいます。
ヨーロッパでは信用不安から抜け出すことがなかなかできず、世界的な金融危機の心配がありますが、日本も巻き込まれる恐れはあるようで、失業率の悪化には注意しておく必要がありそうです。
posted by mabou at 11:14 | キャリア資格ニュース

成果主義の明暗

能力や成果によって社員が評価される成果主義は、一見合理的に見えますが、欠点もあるようで、短期的に実績を出すことを優先して、長期的な人材育成などがおろそかになる危険があるようです。
定年制を廃止して注目を集めた外食産業の会社でも、仕事の継承面で支障が出たり、挑戦的な仕事をする傾向がなくなったとして定年制の復活にいたったようです。
posted by mabou at 21:54 | キャリア資格ニュース

野球の球団でも解任騒動

日本企業のコーポレートガバナンスが注目されるようなスキャンダルが相次いでいますが、野球の球団でも球団代表まで勤めたキャリアの方が解任されて、法廷闘争に突入するという珍しい出来事に注目が集まっています。
やはりワンマン経営者との軋轢が問題になっているようで、案外ほかの企業での損失隠しやファミリー企業からの借り入れ問題などと似通った日本企業独自の問題があるのかも知れませんが、部外者にははっきりとは分かりません。
今回、法定での争いになればもう少し状況が詳しく把握できるかも知れません。
posted by mabou at 21:21 | キャリア資格ニュース

スペインの失業率の上昇

ヨーロッパでは金融危機の様相を呈して、信用不安が債務国に大きな影響を及ぼしています。イタリアの長期国債金利が上昇して、財政危機に対する迅速な対応が求められていますが、スペインだって事情は大きく異なりはしません。
リーマンショックで悪化した失業率は、スペインの特に若者の雇用を奪っているようで、高い失業率が問題になっています。
posted by mabou at 19:49 | キャリア資格ニュース

日本企業のコーポレートガバナンス

オリンパスの巨額損失隠し問題や、大王製紙のカジノでの損失に関わる貸付け問題など、日本企業のコーポレートガバナンスには海外からも厳しい目が向けられているようですが、今後の日本企業のコーポレートガバナンスをどのように変革していく必要があるのかを検証していくべきなのでしょう。
企業は株主の利益を損なってはならないということが再認識される必要がありそうです。
posted by mabou at 08:14 | キャリア資格ニュース

生活保護受給者と職業訓練

職業訓練を受けている生活保護受給者が、理由なく職業訓練を中止した場合に生活保護を打ち切るという話が出ているようで、生活保障を打ち切ることへの不安も出ているようです。
背景には景気の悪化で生活保護の受給者が増加していることもあるようですが、安易な生活保護打ち切りが起きないように注意してほしいものです。
posted by mabou at 07:40 | キャリア資格ニュース

オリンパスの損失隠し

オリンパスという会社の損失隠しが明らかになって元社長の言動が注目を集めていますが、一体この不祥事の責任はどこにあるのでしょう。
キャリアアップで社長になっても、会社は株主のものという認識を忘れてはならないのでしょう。社長は会社の経営を託されているわけで、誠実に会社の利益を追求する姿勢が重要でしょう。
posted by mabou at 16:19 | キャリア資格ニュース

労働者派遣法の改正

労働者派遣法の改正案は大幅に修正されるといい、製造業の派遣禁止など自動車産業などから批判が大きいところは禁止することは難しいようです。自動車産業は生産量の変動が大きいため、派遣社員が禁止されると正規従業員が増えることになって企業側の負担が大きくなると考えられ、生産の海外シフトが進行することが心配されています。
したがって政府としても日本国内の空洞化を避けるためにも労働者派遣法の改正案を押し通すことは無理と判断したようです。
posted by mabou at 21:39 | キャリア資格ニュース

就職活動の短縮?

大学生の就職活動の開始が2ヶ月繰り下げられて、学生にとっては学業に専念する時間が長くなるはずだったのが、就職活動の短縮に焦りが募るようで、就活塾が大盛況といいますから、学生にとっては学業に専念するどころではないようで、かえって逆効果になってしまった感があるようです。
短期決戦となった就職活動でいかにして就職を勝ち取っていくか、どんな資格が有利になるのかなど、学生にとっては厳しい戦いが就職活動といえるでしょう。
posted by mabou at 22:36 | キャリア資格ニュース

インターネットと雇用

インターネットが普及して仕事は効率化され、企業にとっては無駄が省けて利益の追求や値下げなど、企業としての競争に有利に立てる道具となっているようですが、その影で、インターネットの導入で仕事を失う労働者も少なくないようです。
コンピューターが制御する機械が作業を効率化して多くの労働者が職を失うケースもあるようで、IT関連の資格を取って仕事を確保しておかないと食い詰めることになるかもしれません。
posted by mabou at 16:12 | キャリア資格ニュース

公認会計士試験の混乱

公認会計士試験では急に合格者数が増えたり、かと思ったら急に減少したりと混乱があるようで、公認会計士試験は合格率の低い難しい資格だとは思いますが、合格しても実務経験を積むはずの会社が不景気で採用を手控えているため、なかなか実務に就けない待機者が多くなっているそうです。
こうした資格は目指す人も減るのではないかと心配になってきます。
posted by mabou at 22:25 | キャリア資格ニュース

賃下げ競争?

資格を取って給料の少しでもよい仕事に就こうとするのは世界中どこでも同じことでしょうが、資格をいくらとってもそれは自分だけではなくて他の人も同じ資格を取っているわけですから、雇い主としては同じ条件なら賃金の安く済むほうを採用する傾向があるといいます。
したがってよりよい給料を望むならほかの人とは違う専門技能が必要になってくるでしょう。そうしたオンリーワンの資格なり技能を身につけるべく努力すべきなのかもしれません。
posted by mabou at 13:58 | キャリア資格ニュース

出世と仕事

会社に入って出世していくのに仕事が出来ることは必ずしも有利に働くわけではないといいます。
それよりも管理職にとっては、部下のやる気を引き出したり、新しいアイデアを引き出したりする統率力が重要ともいわれ、自分が出来る人だと部下の力を発揮できない場合もあるといいます。
日本の会社で出世していくためには根回しが上手だとか、部下の受けがよいなど、協調性に富んだ人材の方がうまく行くのかもしれません。
posted by mabou at 07:00 | キャリア資格ニュース

東日本大震災と女性の就職

東日本大震災の被災地では男性よりも女性のほうが失業率は高いそうで、女性は自宅から通える範囲での就職を探す傾向が強く、男性よりも厳しい就職状況に置かれているといいます。
女性の就職は家族との関係が大きな影響を及ぼすことは間違いないようで、自宅でも出来る仕事の資格を取得しておくこともひとつのキャリアアップの方法かもしれません。
posted by mabou at 22:36 | キャリア資格ニュース

人材派遣会社の買収

総合人材サービス業のグッドウィルグループによる人材派遣会社の買収に絡んで、買収を仲介した極真会館の館長が追徴課税を受けたそうです。
人材派遣という新しい業態が大きな収入を上げる時代がやってきたことに今更ながら驚きますが、空手の極真会館館長との組み合わせがまた興味を引くところです。
以前の終身雇用制は姿を消しつつあるといってもよいのでしょう。
posted by mabou at 22:21 | キャリア資格ニュース

イタリア首相の辞任

イタリアはヨーロッパ金融危機の大騒ぎの中で国債の価格が低下して、国の借金も巨額に上り、緊縮財政策が議会を通過すれば首相は辞任する見通しのようです。
イタリアが破綻するようなことになれば、その影響は世界中に広がることでしょうが、同じように巨額の借金を抱える日本としては、借金の削減を急ぐべきなのでしょう。しかし、東日本大震災からの復興費用や高齢化社会の到来に備える社会保障制度の変革など多くの資金が必要で、債務削減は簡単ではないでしょう。
posted by mabou at 22:38 | キャリア資格ニュース

▲このページの先頭へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。