スポンサードリンク

気象予報士試験に合格

中学生でも気象予報士試験に合格できるということで、勉強さえある程度しっかりやれば資格も取得できるものだと励まされる思いですが、最年長では何歳くらいまでが資格を取得しているのかも気にかかるところです。
やはり世は高齢化社会ですから年をとっても取得できる資格が気になる人は少なくないと思いますが、実際のところはどんな資格が取りやすいのか知りたいところです。
posted by mabou at 13:52 | キャリア資格ニュース

遺品整理士とは

高齢化社会が進行して独居老人が増える今日、孤立死するケースは珍しくなくなっているようで、家族からの要請を受けて遺品の整理を請け負う仕事が注目されます。
遺品整理士認定協会も設立されて認定試験も行われていますから、今後も高齢化が進む日本では需要が増えてくる仕事ではないかと思われます。遺品整理業という仕事が今後はもっと注目を集めることになるでしょう。
posted by mabou at 21:11 | キャリア資格ニュース

世界の失業者

アメリカではサブプライムローン問題が景気の低迷を招いたようで、さらにヨーロッパの債務危機が世界経済の足かせとなってヨーロッパのみならず世界中で失業者が増えているようで、特に問題は若者の失業率が高いことでしょう。
日本でも世代間の格差が問題になっているようですが、高齢者が年金で生活保障を確保していく一方で、これからの若い人たちは仕事にありつくことも大変な時代が待っているのかも知れません。
posted by mabou at 21:03 | キャリア資格ニュース

スペインの失業率

ヨーロッパの債務危機から経済状況は好転せず、失業率は高止まりしているようですが、とくに若い人の失業率が高いことが気がかりです。
ほかのヨーロッパ諸国も特に南ヨーロッパでは高失業率が問題のようで各国の経済状況が好転するまでにはまだまだ時間がかかりそうです。債務危機の怖さが垣間見えるような気がします。
posted by mabou at 00:56 | キャリア資格ニュース

副業でキャリアアップ

副業で余った時間を有効に使って収入を得ることもでき、キャリアアップも可能ということから副業を考える方は少なくないようです。
ネットオークション系の手軽な収入を目指したり、アフィリエイトの収入を目指してサイトを立ち上げたり、なかには学生時代のアルバイトを生かして仕事をしたりと、いろんな仕事を副業で行っているようです。
posted by mabou at 17:55 | キャリア資格ニュース

退職時の注意

日本では欧米ほど会社を転職しながらキャリアアップしていくことは多くないとは思いますが、キャリアアップに転職は付き物かもしれません。
転職に先立っては直属の上司にお伺いを立てておいて仕事も手を抜くことなく続けることが大事といいます。新しい職場からの前歴紹介があった場合に自分に不利な評価をつけられないよう注意する必要があります。
posted by mabou at 21:28 | キャリア資格ニュース

日本での出世法?

日本は欧米に比べて個人主義より集団主義とよくいわれますが、キャリアアップにおいても出世する社員は個人プレーに走るよりもチームプレーで会社の中での評判がよいことが出世する大事な要素といわれています。
したがって他の社員にさりげなくアピールできる仕事のやり方や他の社員の気に触らないような仕事のアピールの仕方に気をつけるとよさそうです。キャリアアップするためには出世法に気をつけましょう。
posted by mabou at 21:12 | キャリア資格ニュース

出世の条件?

ここのところ厳しい就職戦線が続いているようですが、ようやく就職できて会社に入ったら今度は出世競争が始まることになるでしょう。
どういった新入社員が出世していくのか調査も行われているようで、健康にわるそうですが朝型より夜型で仕事をバリバリこなして友人も多く社交的でアウトドア派で体力に自信があるタイプが出世しやすいという結果が出ているようです。
あなたに当てはまらないところはどこでしょう?
posted by mabou at 15:33 | キャリア資格ニュース

法科大学院の問題点

法曹人口の確保を期待されて法科大学院が各地に作られたようですが、司法試験の合格率は低迷しているようで、なかには入学者の質が落ちてしまっているところもあるようです。
資格試験に通らないようでは入学希望者も減少してしまうわけで、ほかにも司法試験を受ける方法はあるため今後の法科大学院の経営は厳しさを増しそうです。
posted by mabou at 13:06 | キャリア資格ニュース

介護と仕事

仕事をばりばりこなしてキャリアアップに邁進していても、突然親が倒れたり認知症状が出たりして、介護に時間をとられるようになり仕事をどうするか悩む方は多いようです。
自分が仕事を辞めて介護負担を引き受けるようになると、収入も減少し、社会との接点も少なくなり苦労することになるケースも少なくないといいますから、使える介護サービスは使って、自分のキャリアアップも諦めないで続けられることができるといいと考えますが、現実には簡単ではないでしょう。自分のキャリアと介護とのバランスがとれるように考えるしかなさそうです。
posted by mabou at 12:24 | キャリア資格ニュース

公務員の天下り問題

天下りの問題は高級官僚だけでなくノンキャリアも含めて官僚全体の問題のようです。
もちろんキャりアップを積んだ高級官僚には退職金を手にした後も渡りを繰り返して退職金を集めて回る道が残されているようで、民間のサラリーマンにはとうていできない転職を繰り返しているケースもあるようで、ある種のキャリアアップと言えなくもないかも知れません。
posted by mabou at 22:51 | キャリア資格ニュース

法科大学院離れ

司法試験を巡っては多様な人材の活用を目指して始まった法科大学院の合格率が低迷し、一方では法科大学院に行けない場合にも予備試験を合格すれば法科大学院と同等の学力があると判定されて司法試験を受験できるようになっています。
この予備試験合格率は低いのですが、合格した場合の司法試験の合格率は高く、法科大学院からの受験生の合格率が低迷しているため法科大学院離れがさらに加速するかもしれません。
posted by mabou at 07:33 | キャリア資格ニュース

日本の就職戦線異常あり?

日本では戦後の高度成長期からずっと一流企業や安定志向が強いといわれてきた就職戦線ですが、最近の低成長化で若者の考え方も変わってきたのか、大企業一辺倒でなく、自分とともに成長できるような企業が人気を呼んでいるようです。
不景気の中、安定志向だけでなく成長志向が見られることは今後の日本経済にとってはプラスになるのではないでしょうか。
posted by mabou at 21:12 | キャリア資格ニュース

スーパーは正社員減らしへ

スーパーマーケットの業績は良好とはいえないようで、正社員を減らしてパート従業員でまかなおうという動きが加速しているようです。
今は正社員になるのも大変な時代のようで、キャリアアップも楽な時代ではないようですが、天は自ら助けるものを助けるといいますから努力を惜しんではならないでしょう。
posted by mabou at 20:50 | キャリア資格ニュース

改正高年齢者雇用安定法と企業

年金制度の先行きが不透明となり、年金受け取り開始年齢が引き上げられることに対応して、企業の定年制度も影響を受けるようで、希望者は65歳までの雇用が保証されるようになるといいます。
定年退職後、年金が受け取れるまでの生活保障がなくなるため、必要な制度改正とは思いますが、受け皿となる企業にとっては負担になるかも知れません。
またキャリアアップについてもこうした雇用の延長が影響を及ぼしそうです。
posted by mabou at 22:40 | キャリア資格ニュース

大学は出たけれど?

アメリカでサブプライムローンが問題になってからも、ヨーロッパの債務危機など世界中が不景気風に覆われています。
日本もその影響から逃れることは難しく、大学卒業後も就職先が決まらないケースも増えているようで、大企業だけでなく中小企業も視野に入れて就職活動をしていかないと就職も進学もままならない状況に落ちる可能性が高いようで、キャリアアップに障壁となって来ているようです。
posted by mabou at 12:54 | キャリア資格ニュース

大学生のニート化?

ヨーロッパの債務危機は深刻で世界中に不景気風が吹き荒れているようです。
日本でもユーロ安から円高となり、輸出企業を中心に景気の悪い話が満載のようで、大学を卒業しても就職活動は大変といいます。
なかには、はじめから就職を諦めている学生も少なくないようで、進学も考えず就職も考えない学生も増えているようです。
posted by mabou at 23:45 | キャリア資格ニュース

女性のキャリアアップ

女性の社会進出は日本では遅ればせながらともいえそうですが、女性のキャリアアップも進んでおり、男性に比べるとまだ分が悪いともいわれますが、高学歴で高収入という女性も増えてくると自分よりも年収が低い男性を敬遠するようになる傾向もあるようです。
女性のキャリアアップが結婚しない女性の増加に関係している可能性もあるようで、結婚よりも仕事をとる女性も当たり前になりつつあるようです。
posted by mabou at 23:16 | キャリア資格ニュース

法曹養成制度検討会議とは

日本はアメリカに比べて弁護士の数が少なく、これからの訴訟社会の到来を考えると法曹人口の増加が必要ということで司法試験の改革が行われ、法科大学院が作られたようですが、実際に司法試験の合格者が増えてみると弁護士の就職難や質の低下が指摘されているようで、一転して弁護士数の減少に向かうことになるようです。
司法試験の合格者数も再び引き下げられるようで、いまのうちに合格しておいた方が資格を取るためにはよいのかも知れません。
posted by mabou at 21:49 | キャリア資格ニュース

親の会社参観日

子供の学校参観日に出席する親御さんは多いと思いますが、親の会社参観日に出席する子供さんはまだ少ないでしょう。
会社の中には、普段目にすることのない親の働く職場を子供に見せようと会社参観日を設けているところもあるといい、仕事の大変さを子供たちに見せるよい機会となっているようです。
キャリアアップに仕事に励む親の姿を子供が見て家族のコミュニケーション作りに役立っているようです。
posted by mabou at 09:47 | キャリア資格ニュース

ギリシャの失業率が最悪

ギリシャは巨額の債務隠しが響いて緊縮財政を余儀なくされているようで、そのため景気は悪化して失業率が大幅に悪化しているといいます。
特に若者の失業率が高いそうですから治安の悪化も心配されますし、今後の展望が開けない雇用情勢はキャリアアップを望む若者の海外流出を増加させることになるのではないでしょうか。
posted by mabou at 22:11 | キャリア資格ニュース

中学生のアルバイト

未成年者のアルバイト問題では学校側も職業訓練のような感覚でアルバイトを容認していたようですが、危険な作業も伴う仕事の場合は未成年者の従業は問題となると思われます。
訓練と実際の就業とは違ったところがあるはずで、危険な作業に未成年者の就労は無理があると思われます。キャリアアップに役立つような訓練が必要でしょう。
posted by mabou at 21:48 | キャリア資格ニュース

役員よりも高報酬?

大手の銀行や証券会社では、役員よりも高報酬を受け取る社員が少なくないようで、成功報酬で受け取ることから高額の報酬となっているようです。
しかし、成功報酬が欲しくて無理な取引を重ねることで会社に巨額の損害を与える危険性も心配のようで、高額の報酬については問題も指摘されているようですが、キャリアアップを目指す社員には大きな刺激になっていることは確かでしょう。
posted by mabou at 22:58 | キャリア資格ニュース

イタリアの失業率

ヨーロッパの債務危機によって、今はスペインへの支援が注目されていますが、イタリアも景気は悪いようで、失業率が高くなり続けているようです。
日本でも景気は悪いといいますが、さすがに失業率はそこまでは悪くないようで、ヨーロッパの景気回復にはまだまだ時間がかかりそうな気配です。
posted by mabou at 23:22 | キャリア資格ニュース

一級建築士資格の偽造

二級建築士が一級建築士の免許を偽造して業務を行っていたというニュースが流れていますが、キャリアアップを図らずに免許だけ偽造してしまうというのはあまりに安易な方法でしょう。
意外と横行している手口かもしれませんから、建築士に何かを頼む際には免許が本物か注意しておく必要がありそうです。
posted by mabou at 21:31 | キャリア資格ニュース

国家公務員の昇給

国家公務員の昇給は55歳以上で停止されるといいます。
ここにも官民格差が存在するのかもしれませんが、東日本大震災の復興予算の不足も公務員の給与を抑える方向に動いている原因かもしれません。
国家公務員については天下りの問題もあり、まだまだ改善すべき課題があると思われます。
posted by mabou at 21:38 | キャリア資格ニュース

最低賃金と生活保護

最低賃金いついては地域によって生活保護費を下回っているといいますから、働かずに生活保護費をもらったほうがよいではないかという意見が出てきそうです。
長引く不況で企業の業績も苦しいのでしょうが、いくら働いても生活が楽にならないのでは働く甲斐がないというものでしょう。
posted by mabou at 18:23 | キャリア資格ニュース

太陽光発電アドバイザー

福島での原発事故事故後は特に自然エネルギーがエネルギー源として注目を集めていて、太陽光発電も補助金が出たりして住宅の屋根にも取り付けられることが多くなっているようです。
こうした太陽光発電の推進に役立つよう資格試験も始まるようで、太陽光発電アドバイザーの資格が取れるようになるといいます。
これからの時代にあった資格の一つとして注目されます。
posted by mabou at 23:06 | キャリア資格ニュース

就職活動は短期決戦

就職活動は今年も短くなり、短期決戦型ということで、厳しい就職戦線が若者たちを待ち受けているようです。
自分を売り込む就職活動で、めげずに頑張ってほしいと思いますが、就職活動に成功しなくても将来的に自分にあった仕事を通じて自己実現ができるようになれば言うこともないでしょう。
好きこそ物の上手なれ、といいますから、できれば嫌いなことを仕事にするよりは、興味を引かれる分野を仕事にしたほうが仕事の能率も上がることでしょう。
posted by mabou at 23:34 | キャリア資格ニュース

朝活するビジネスマン

就業前の朝の時間を使って勉強や運動などを行う朝活がビジネスマンの間で話題になっているようです。
仕事を早く始めることで能率よく仕事をこなして早く家に帰る生活が効率的なビジネスマンの生活なのかもしれません。
ただ遅くまで会社にいて能率が上がらないような生活はさっさと止めて効率的な仕事のやり方を考えるべきでしょう。
posted by mabou at 21:41 | キャリア資格ニュース

歯科医師過剰時代

かつては儲け頭といわれていた歯科医師が増加しすぎたこともあって赤字に苦しむ歯科医も見られるようになって黄金期は過去のものになったといわれています。
歯科医院の数はコンビニよりも多いといわれ、当然一軒あたりの患者数は減少することになります。
保険診療の点数が上がらず、かといって自由診療は不景気の影響もあってなかなか伸びないといいます。
posted by mabou at 22:10 | キャリア資格ニュース

最低賃金と生活保護

最低賃金は地域別に決められていますが、最低賃金で働いた場合より生活保護費のほうが上回る地域が出てきています。
これは社会保険料の値上げなどで手取りの賃金が減ったのに対して、生活保護費は住宅補助費が増えたことから最低賃金と生活保護費の逆転が起きている地域が増えてきているといいます。
しかし、これでは仕事をまじめにやる動機付けがなくなることになりかねませんからキャリア形成など考えにくくなってしまうでしょう。
posted by mabou at 00:11 | キャリア資格ニュース

歯科医療事務管理士に合格

タレントさんが歯科医療事務管理士試験に合格したというニュースが出ていますが、歯科助手になるための資格だそうで、見事に通信教育会社の企画で資格試験に合格したようです。
このように資格試験に合格できるということは、資格取得に燃えて頑張っている方々には励ましになるのではないかと思われますが、通信教育会社にとっても宣伝効果が大きいでしょう。
posted by mabou at 23:57 | キャリア資格ニュース

年収と仕事

年収の高い仕事はそれだけ責任も重くなるでしょうから、逃げ出さずにやり遂げることができる人には年収もそれに従って上昇すると考えられます。
新しいことに挑戦して今までにないシステムを作り上げるなど、問題解決能力が問題とされているといえそうです。仕事の能力が上がっていけばおのずと年収も上がっていくと考えてよさそうです。
posted by mabou at 22:12 | キャリア資格ニュース

求職者支援制度

失業手当が受けられない人に国が無料で職業訓練を受けさせてくれて、生活費なども支給してくれるという有難い支援策があるのに利用者は伸び悩んでいるといいます。
情報が周知されていないためともいいますが、やはり適用条件が厳しすぎて申請を諦めるケースも多いのかもしれません。しかし、景気の悪い現在、利用できるものは何でも使用して、取れる資格は何でも取ってキャリアアップを図っていかないと仕方がないのかもしれません。
posted by mabou at 01:23 | キャリア資格ニュース

アメリカの雇用創出

アメリカではオバマ大統領が雇用創出に向けて努力していることは確かなのでしょうが、多くのアメリカ国民はオバマ大統領の政策が雇用創出に結びついていないと感じているようです。
オバマ大統領によってアメリカ国民の就業が困難になっていると考えられるとすると再選の障害になってくる可能性はあると思われます。
景気を刺激して雇用を増やすことが人気につながるのは日本でも同じでしょう。
posted by mabou at 21:59 | キャリア資格ニュース

高齢者雇用安定法

高齢者雇用安定法によると65才までの雇用が義務付けられる見通しで、年金支給の開始が遅れることから雇用を延長して年金受給までの収入確保が可能となると思われます。
しかし、一方では新入社員の昇給スピードは遅れることになるそうで、少子高齢化の時代になって、これからの若い人たちは負担増に加えて収入源がのしかかることとなりそうです。
posted by mabou at 23:41 | キャリア資格ニュース

転職希望の高い会社

転職できるとしたら転職したい会社のトップはグーグルだそうで、上位の会社は仕事のやりがいが動機として多いといいます。
つまり転職動機には仕事のやりがいが大事な要素となっていて、それだけ今の仕事にはやりがいが感じられないということになるのかも知れません。
仕事には報酬だけでなくやりがいも大事ということなのでしょう。
posted by mabou at 21:39 | キャリア資格ニュース

愛社度?

自分の勤務する会社を愛する度合いを調べた調査があって、愛社度が高いとされたのは総合商社など、報酬も満足でき、自由な社風や世界を相手に仕事をするやりがいなどがその理由に挙がっているようです。
一方、愛社度が低い会社では、報酬が低くサービス残業が多いなど、待遇面での不評が目立つようで、有名企業だから愛社度が高いわけではなさそうですから、就職戦線に出て行く若者にとっては会社選びの参考となるのではないでしょうか。
posted by mabou at 08:18 | キャリア資格ニュース

社員のヤル気

社員のヤル気を重視して、上司への報告、連絡、相談もなくし、休暇を多く取れるようにして、よく言えば社員の自主性を尊重して利益を上げ続けている会社も日本にはあるようで、注目されているといいます。
ある意味では成果主義のやり方と言えるのでしょうが、普通の会社では怖くてしり込みするやり方だそうです。
要は、社員が自主性を持って責任を持って仕事に取り組めることが成果を上げているように思われます。
posted by mabou at 07:46 | キャリア資格ニュース

地下鉄サリン事件

ようやく地下鉄サリン事件の後、逃亡していた容疑者全員が逮捕されたと言うことですが、これらの容疑者の中には高学歴で有名大学を卒業した容疑者も多いようで、キャリアアップの有望な大学を出ていながら宗教へと引かれていった理由がなにかあるのでしょう。
もちろんキャリアアップだけが人生ではありませんが、とうてい理解しがたい行動に突き進んでいった理由が容疑者の逮捕で少しは明らかになるのかも知れません。
posted by mabou at 07:28 | キャリア資格ニュース

法科大学院の定員割れ?

鳴り物入りで法曹人口の増加を目指して始まった法科大学院でしたが、実際に卒業生が司法試験に合格する合格率も低く、司法修習生となってからも就職先に困る場合もあるようで、人気は急速に低下しているようです。
こうして大学院を閉鎖するところもあるようで、入学者が激減した大学院がどういった手を打つのか注目されますが、法曹人口の増加を提唱したのはどうなっているのでしょう。
posted by mabou at 20:58 | キャリア資格ニュース

オリンパスのリストラ

巨額の損失隠しが発覚して自己資本比率が低下しているオリンパスは事業を再編して整理することで資本の集中で利益を確保すべくリストラを進めているようです。
このところ花形企業とされていた企業の不祥事が続いているようで、キャリアアップの終着駅がこうした不祥事につながらないように意識を高めておく必要があるでしょう。
posted by mabou at 22:07 | キャリア資格ニュース

終身雇用制の崩壊?

多くの新入社員が、就職後も終身雇用に期待せず、いずれは会社を去って転職することを考えているという結果が出ているようで、就職する時から転職のことを考えているということです。
日本の就職事情も変化してきているようで、リストラにあったり、会社がつぶれたり、いろんな事情で会社を去る時のことを考えているのが昨今のキャリアアップにも影響しているのでしょう。
posted by mabou at 00:07 | キャリア資格ニュース

アメリカの新規就業者

ヨーロッパの信用不安がまたぞろ首をもたげてきて、ユーロ安が進み、世界的な景気後退が心配されていますが、アメリカでは新規就業者数の増加が減少して失業率の悪化も見られるといいますから、景気減速から抜け出すことが難しくなっているようで、キャリア形成にも影響がありそうです。
国際的に活躍する人材が育っていくよう、はやく景気が回復することが待たれるところです。
posted by mabou at 18:55 | キャリア資格ニュース

法科大学院の閉鎖増

一時は法曹人口の増加に向けて期待されていた法科大学院ですが、増えすぎたのか、司法試験の合格率が低すぎたのか、就職率が悪すぎるのか、原因ははっきりとは断定できないのでしょうが、いずれにしても志願者数は減少し、法科大学院の閉鎖が増えているようです。
法律部門での資格取得でのキャリアアップを考えている方々には逆風になるのでしょうが、今後の推移に注目する必要がありそうです。
posted by mabou at 11:52 | キャリア資格ニュース

日本郵政グループの正社員

日本郵政グループの正社員登用は低迷しているようで、事業環境の厳しさから低賃金の非正規社員が多くなってしまうのだろうといいます。
これは他の業種でも同じことが言えるのでしょうが、競争の厳しい業界ほど賃金を抑える必要に迫られるようで、労働者にとっては正社員に登用されることがだんだん難しくなっているようです。
posted by mabou at 21:02 | キャリア資格ニュース

雇用悪化と自殺

昨今はヨーロッパの信用不安や東日本大震災など自然災害の増加などで不景気が続いており、若者の就職活動は厳しさを増していて、就職活動に失敗したことが原因となる自殺が急増しているといいます。
たしかに就職は人生の一大事ですが、人間のやることに失敗はつき物です。
就職に失敗したからといってすべてを悲観しないで、また次の挑戦へと取り組んで行ってほしいものです。
posted by mabou at 23:09 | キャリア資格ニュース

ハローワークの移管

会社を辞めたり失業した時などにお世話になるハローワークは国の管轄ですが、今後は地方への移管が進められるといいます。
より仕事探しが効率よく進むように地方との連携が進められるのでしょうが、不景気をなんとかしないと就職や転職といっても簡単には状況は改善していかないかもしれません。
posted by mabou at 07:38 | キャリア資格ニュース

国家公務員採用試験の変更

なんと国家公務員採用試験が変更されてキャリア試験の最たるものと考えられてきた試験も姿を消すといいます。
現行のキャリア制度については評判が芳しくないようで、試験制度の変更でキャリアアップを図ることが官僚の能力アップとともに評判の悪い天下りの減少につながればこんなうれしいことはないと言えそうです。
試験に通ったから能力が高いわけでもなさそうで、キャリアアップに必要なのは何なのかよく考えてみる必要がありそうです。
posted by mabou at 23:47 | キャリア資格ニュース

高速バス運転手の過労?

高速バスの運転手が居眠りが原因の事故を起こしてニュースになっていますが、バス会社や旅行会社の競争激化でバス運転手の勤務は過酷なものになっているといいます。
そうした料金の値下げ競争から、バス運転手には休憩時間の短縮など勤務上の問題も出てきているといいますから、運転手の過労を防ぐような仕事上の配慮が求められているようです。
posted by mabou at 10:34 | キャリア資格ニュース

ラーメン業界でも倒産

ラーメン界のイチローとして、職人としては最高の腕を持つといわれていたラーメン店が倒産の憂き目を見ることとなったようです。
ラーメン界のキャリアアップを果たした、それだけの腕をもってしても経営となると難しいところがあるのかも知れませんが、きびしい世界であることは間違いないのでしょう。
posted by mabou at 09:38 | キャリア資格ニュース

法科大学院の見直し?

日本の法曹人口増加の期待を受けて始まった法科大学院ですが、その道のりは順調ではないようです。
法曹人口の増加に対しては、すでに弁護士の就職難が始まっているとして司法試験の合格者増の見直しが提言されているようですから法科大学院の統廃合も視野に入れて見直しが始まっていくのではないでしょうか。
司法試験の受験者にとっては、せっかく試験に受かってもバラ色の未来とはなかなかいかないかもしれません。
posted by mabou at 12:10 | キャリア資格ニュース

脱原発と仕事

脱原発の活動で仕事が減ってしまったという俳優のニュースが報じられていて、一般会社への就職が決まったそうです。
福島第一原発事故の後には仕事が減って収入も激減したといいますから、副業でお金を稼ぐことも必要と思われますが、我々も副業を持つ場合があると思います。本業のキャリアアップにマイナスにならなければよいのでしょうが、注意する必要はあるでしょう。 
posted by mabou at 23:15 | キャリア資格ニュース

五輪と国籍

五輪が近づくと国籍変更などでメダルを狙ったり、あるいはメダルを取れる選手に国籍を与えたりと、いろんな動きが見られるようです。
選手のキャリアアップにはオリンピック出場は大事なイベントでしょうが、国籍変更に伴うさまざまな意見もあるようで、オリンピック出場も素直に喜べない時代になったのかも知れません。
posted by mabou at 14:11 | キャリア資格ニュース

ソニーの人員削減

海外企業との激しい競争もあってテレビ事業が不振のソニーでは大規模な人員削減でリストラに乗り出すといいます。家電業界は価格競争の激化もあって収益を出すことが難しいようで、リストラによって事業再建を進めて行くことになるようですが、日本勢は海外勢との価格競争を生き残っていけるのか、まだまだ予断を許さない状態のようです。
posted by mabou at 06:26 | キャリア資格ニュース

日本航空の新卒採用

経営再建中であった日本航空は新卒の採用を見送ってきたのですが、業績の回復を受けて、今年から新卒採用を再開するということです。
やはり経営改革で利益を出すことも可能になったということでしょうが、こうしたキャリアアップのチャンスをしっかり捉えて自分のキャリア形成に役立ててほしいものです。
posted by mabou at 06:19 | キャリア資格ニュース

突然の社長解任?

順調にキャリアアップを積み重ねてきても、どこで躓くのか分からないのが人生なのかも知れません。
有名歌手の所属する事務所の社長さんも解任ではないかも知れませんが辞任することになったようで、ほかにも大きな会社のトップに上り詰めても突然の解任ということはあるようです。
もちろん経済界だけでなく政治の世界でもトップが突然の解任に驚くという事態は起きているようですから、トップの方も油断はできないということでしょう。
posted by mabou at 13:58 | キャリア資格ニュース

東京電力での依願退職増加

東京電力は福島第一原発での放射能漏れ事故以来、業績も振るわず年収カットやボーナスカットもあるようで、将来に希望が持てないということか、依願退職者が急増しているようです。
キャリアアップの花形だった東電社員にも厳しい季節が巡ってきたということでしょうか。
退職してもできればさらなるキャリアアップを目指してほしいものです。
posted by mabou at 20:52 | キャリア資格ニュース

看護士転職サイトの人気

看護士さんの仕事は大変と聞きますが、看護士転職サイトの人気も意外にきつい仕事から転職するケースも多いためかもしれません。
きつい仕事は近頃では人気を博さないということでしょうか。転職サイトが人気なのはよいのですが、看護士の足りない病院も多いそうですから求人側とのマッチングがうまくいくといいのですが。
posted by mabou at 16:46 | キャリア資格ニュース

▲このページの先頭へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。