スポンサードリンク

転職年齢の上昇

長らく続いてきた年功序列制も崩れ、日本でも転職によってキャリアアップをはかる方が増えているようで、転職年齢も上昇しているようです。
年をとってから転職するのは無理といわれてきたようですが、企業側にもスキルを持った経験者を即戦力として採用したい考えがあるようで、新卒者を育てる余裕がなくなっているのかも知れません。年齢に関わらずキャリアアップを目指して頑張る時代となってきたようです。
posted by mabou at 15:28 | キャリア資格ニュース

労働審判とブラック企業

キャリアアップを図る際に注意すべきブラック企業に対しては、不当な解雇や賃金不払いなどトラブルが絶えないようですが、迅速な問題解決を目指して労働審判が有効といわれます。
労働審判によって専門家が迅速に調停などの手続きを進めてくれるようですから、労働問題についてのトラブルに困った際は新しい解決策を試してみるといいかも知れません。
posted by mabou at 16:46 | キャリア資格ニュース

就活商法に注意

就職活動に苦労する学生は少なくないと思いますが、特に景気の悪い時は大変でしょう。
こうした学生の不安感につけこむ悪徳商法も少なくないようで、セミナーから就活塾に強引に入るように勧められたり、就職に有利といわれる資格取得に役立つという高額な商品を売りつけられたりという被害が後をたたないそうです。
就職説明会の会場で資料が配られたり勧誘が行われたりしたりするそうなので、無料だからと安易な気持ちでセミナーに参加するのは考えものかも知れません。
posted by mabou at 07:40 | キャリア資格ニュース

就職活動に受験料?

就職活動にもネットの効果があり、多くの就職希望者が殺到する企業もあるようで、就職希望者から受験料を徴収する企業も出てきたといいます。
こうした企業が増えてくると就職活動中の学生側には負担となるかも知れませんが、希望者が殺到する企業側には就職希望者にかかる手間を少しでも減らして就職を本気で希望する学生選びに役立つかもしれません。
posted by mabou at 23:02 | キャリア資格ニュース

労働者派遣制度の見直し

これまでは最長3年だった派遣労働者の派遣期間が条件を満たせば無期限で認められることになるといいます。
派遣労働が珍しくなくなった現在、正規雇用とは違った雇用形態で仕事をする人が増加しているということなのでしょう。
いわゆる伝統的な雇用形態は通用しなくなってくるのでしょうから、派遣労働も当たり前の雇用形態として受け入れられるようになっていくのでしょう。
posted by mabou at 23:46 | キャリア資格ニュース

今年の就職戦線

今年は例年より就職活動の解禁が遅くなって、スタートダッシュをかける学生が集団就職説明会にも詰め掛けているようです。
希望の企業に就職するために学生側も準備してきたようで、企業側とのマッチングに向かう学生は気合も十分で、積極的にアピールしていく姿勢がうかがえます。
こうした学生たちが企業の中で活躍していくことがデフレで元気のない日本の企業に活力を注入してくれることを期待したいです。
posted by mabou at 21:32 | キャリア資格ニュース

就活期間の短縮

就職活動の厳しさは相変わらず続いているようですが、学生を学業に専念させるために、就活の解禁が繰り下げられ、学生にとっても企業にとっても短期間でのきびしい就職活動が始まるのではないかといわれます。
就職活動が短縮されれば学生にとってはそれなりのプレッシャーがかかることでしょうが、学業に専念することも軽視できないことといえますから仕方のないことかも知れません。
posted by mabou at 23:12 | キャリア資格ニュース

学士の乱立?

学士の資格については規制が外れてからは増加の一途を辿っているようで、少子高齢化の中、大学側も独自色を打ち出そうといろんな学部が乱立する状況になったようです。
学部の名前を聞いただけではどんな学問を勉強しているのか分かりにくい学部もあるようで、学生集めにも苦心している大学の事情が浮き彫りになっているようです。
posted by mabou at 07:14 | キャリア資格ニュース

法科大学院の統廃合?

司法試験の合格率低迷が伝えられていた法科大学院ですが、司法試験に合格しても法律事務所への就職も難しい状況で就職も容易でないことから、将来的には統廃合を促すことになるようです。
難しいといわれる司法試験をパスしてもキャリア形成が容易ではないということで、訴訟関係の仕事が思ったほど増加していないということのようです。
posted by mabou at 07:36 | キャリア資格ニュース

予備試験で司法試験

司法試験の受験資格が得られる予備試験が人気で、高いお金を払って法科大学院に行かなくてもよいということもあって受験者数は増加しています。
大学生が在学中に受験するケースもあり、司法試験を目指す方にとっては予備試験が人気になっているということです。狭き門突破に向けて頑張って欲しいと思いますが、司法試験は難関といえ簡単な資格とはいえないようです。
posted by mabou at 22:06 | キャリア資格ニュース

司法試験受験者数の減少

法科大学院からの司法試験の合格率が低迷していることもあって司法試験受験者数の減少が続いているようで、司法試験の合格者数を増やそうと期待されていた法科大学院については期待はずれの結果となっているようです。
これに対して予備試験のほうの人気は高いようで、法科大学院離れが顕著となっているようです。
今後は予備試験に合格して司法試験の受験資格を手に入れようとする流れが進むことでしょう。
アベノミクス効果で景気が浮揚してくれば司法試験を受験して法律家になろうという流れも増えてくるのかも知れません。
posted by mabou at 23:46 | キャリア資格ニュース

非正規雇用労働者の待遇改善?

日本の終身雇用制も過去の話となってしまったようで、非正規雇用の労働者が増加しており、その待遇改善が求められているといいます。
正社員との格差が大きく、増加する非正規雇用労働者にとっては雇用環境の改善が熱望されているといってもよいようで、今後の企業側との駆け引きが続くと思われます。
posted by mabou at 23:39 | キャリア資格ニュース

一般医薬品の登録販売者試験

一般医薬品の登録販売者試験という資格試験があって、受験には実務経験が毎月80時間以上で1年以上などの受験資格があるそうで、この受験資格の不正防止策が考えられているそうです。
一般医薬品の登録販売者資格試験を巡る不正が話題となったことから、不正受験の防止に苦労しているように思われます。
posted by mabou at 22:10 | キャリア資格ニュース

中高年のリストラ

業績不振の企業ではリストラが進められ、中高年の社員はキャリアデザイン室などと名づけられた部署に移って、転職のためのキャリアアップの勉強をするところもあるそうです。
決まった仕事も与えられずにひたすらキャリアアップに励む姿は中高年の置かれた厳しい現実が透けて見えてきますが、なんとか本当のキャリアアップにつなげて欲しいものです。
posted by mabou at 23:22 | キャリア資格ニュース

育児休暇とキャリアアップ

日本の職場は育児休暇をとる社員は少ないといいますが、育児休暇が昇進などにプラス評価されるようになれば、キャリアアップにも役立つとして育児休暇の取得率がアップするかもしれません。
こうして子育て支援に力を入れなければ、少子高齢化を抑制することは難しいのでしょう。
育児休暇をとってもキャリアアップを進めていけるとすれば、イクメンももっと増えることでしょう。
posted by mabou at 23:17 | キャリア資格ニュース

新卒の採用は模様見?

安部政権が誕生して、デフレからの脱却を目指すアベノミクスが動き出し、景気回復が期待されているこの頃ですが、企業側の見方はまだまだのようで、新卒採用が増加する勢いはまだまだといったところのようです。
新卒採用が増加して景気回復が軌道にのれば、キャリアアップにもよい影響が期待できそうですが、この先の日本経済の動きを注目する必要があります。
posted by mabou at 23:40 | キャリア資格ニュース

就職活動の期間短縮

就職活動の期間が短縮されて、学生側の準備不足が企業側にとっては心配されるところとなっているようです。
会社説明会の解禁が2ヶ月遅れることで学生側の企業研究が不足と考えられていることについて、企業側では会社説明会を増やすなど対策をとる必要に迫られているようで、就職活動はもっと企業の研究をすることが学生側に求められているといえそうです。
posted by mabou at 22:52 | キャリア資格ニュース

滑り込み就活?

この時期になっても内定をもらっていない就職活動中の学生も、まだまだ諦めることはないといいます。ネットの情報も活用して、意外に新卒採用が決まっていない企業もあるといいますから、積極的にメールなどで打診して面接にこぎつけることも少なくないといいます。
直接問い合わせて面接を受けられれば、相性がよければすんなり採用されることもあるようです。
posted by mabou at 23:40 | キャリア資格ニュース

会社説明会とウェブ

就職活動も景気の低迷で厳しい時代が続いていますが、アベノミクスで景気がよくなればすこしは就職活動も楽になっていくのかも知れませんが、会社説明会も企業側のウェブ利用が増えているといいます。
企業の採用活動が短くなったことからウェブ利用による会社説明は就職活動を行う学生側にも時間の制約などがなくなってメリットがあるようで、インターネットを使った会社説明が増えているようです。
posted by mabou at 12:44 | キャリア資格ニュース

震災と失業

阪神淡路大震災の時も失業者が増えたようですが、今回起きた東日本大震災の被害はさらに甚大で、多く企業が大きな被害を受け、失業者が増え、仕事を探している人が減らないようです。
企業活動の再開が遅れれば失業状態も長引くことでしょうから、融資などの支援を通じて企業が再スタートできるような取り組みが必要でしょう。
posted by mabou at 15:07 | キャリア資格ニュース

女性の再就職支援

女性にとっては結婚や出産がキャリア志向の障壁ともなるようで、仕事を辞めてキャリアの中断を余儀なくされることも少なくないようです。こうした女性の再就職を後押しする大学の講座も充実してきているようで、会社に入ってキャリアアップの再出発を果たした女性も少なくはないようで、大学の取り組みが女性の再就職を支援していることに驚かされます。
posted by mabou at 22:56 | キャリア資格ニュース

正社員の解雇?

アベノミクスが功を奏しているようで、日本だけでなくアメリカも景気の回復が著明のようですが、労働市場の流動性を高めて企業活動の活性化に結び付けようというのか正社員の解雇にも規制緩和の波が押し寄せてきているようです。
もちろん経済活動が活性化するのは喜ばしいことですが、解雇が増えるのも会社員の立場になると複雑な心境になるのではないでしょうか。
posted by mabou at 23:17 | キャリア資格ニュース

改正労働契約法と5年ルール

今年の4月から始まる改正労働契約法によると有期の雇用契約でも5年繰り返すと無期の労働契約に切り替えられるという非正規労働者にとってはうれしくなるような話がせまってきているようです。
しかし、企業側にとっては頭の痛くなるような話で、定年後の再雇用者にも同じルールが適用されるようなので、定年もなく生涯雇い続けることになる可能性もあるようです。
posted by mabou at 20:41 | キャリア資格ニュース

非正規雇用と賃上げ

アベノミクス効果といわれるように株価が上昇して景気が上向くことが期待されていますが、消費を増やすには賃上げも必要でしょう。企業のなかには賃上げを決めるところも出てきているようですが、問題は正社員の賃上げだけでなく、最近では多くなっている非正規雇用労働者の賃上げを進めて行かないと消費意欲の上昇にはつながりにくいのではないかと考えられています。
posted by mabou at 23:36 | キャリア資格ニュース

プロスポーツ選手の引退後

プロスポーツ選手は一般のサラリーマンに比べて稼ぎがよいと思われているでしょうが、現役で活躍できる期間は限られていることから、引退後の生活に不安を覚える選手も少なくないようです。
スポーツ界でキャリアを積み重ねていくだけでなく、飲食店を開業するなど引退後の生活にもそれぞれに考えはあるようですが、スポーツばかりやってきたことでしょうから引退後の生活には苦労も多いのでしょう。
posted by mabou at 23:20 | キャリア資格ニュース

歯科医師の苦境

歯科医師が自由診療で儲かった時代は終わったそうで、保険診療だけで稼ぐのは困難になっているといいます。
歯科医師数も増加して、特に都市部では歯科医院の賃料も地方より高く、経営自体が大変な時代になっているといいます。
保険診療で経営を成り立たせるには患者数を増やすしかないといいますからハードワークになっているようです。
posted by mabou at 20:00 | キャリア資格ニュース

弁護士の資格

弁護士資格は司法試験の難しさもあり最難関の資格とされますが、特に都市部では仕事が減って大変厳しい時代に突入しているといいます。
司法制度の改革もあって資格取得者が増えているのに仕事は減っているといいますが、消費者金融の金利が違法とされた過払い金の返還請求も一段落したようで、仕事の減少に困っている弁護士の先生も少なくないようです。
posted by mabou at 19:43 | キャリア資格ニュース

日本の会社の昇給は?

日本はかつての高度経済成長時代と違って、デフレが続く現状で、企業における昇給もストップしている会社が増えているといいます。デフレでは企業収益も上がりにくいようで、ある意味では物の値段が下がるわけですから社員の給与を上げるのも難しくなるのでしょう、。
会社に入って一生懸命働いてキャリアを積み上げても給料は下がる一方では仕事へのモチベーションも上がらないでしょう。
posted by mabou at 23:06 | キャリア資格ニュース

退職手当削減と駆け込み退職

公立学校の教員間に退職手当の削減により駆け込み退職が相次いでいる問題で、定年前に駆け込み退職しなくて済むように各自治体が苦慮しているといいます。
確かに退職せずに仕事を続けても手取りの収入が変わらないとなれば、さっさと退職して自由になった方が得と考える人も多いと思います。
posted by mabou at 22:38 | キャリア資格ニュース

就職難と大学生

大学は出たけれど、ではありませんが、大学を出ても就職がすんなり決まるわけではないようで、大学生の親御さんは就職先に不安を持っているようで、情報収集を熱心に行っている方も多いようです。
親御さんも子供の受験競争の最後の仕上げという意識もあるようで、完結させるためにはどこかに就職させないと自分としても達成感を得ることは難しいのかも知れません。
posted by mabou at 20:59 | キャリア資格ニュース

高学歴の就職難

高学歴ほど就職に有利という時代は終わったのかも知れません。
大学院に進んで苦労して修士号をとっても就職難という現実が学生の大学院離れにつながっていくのかも知れません。実際、学部卒業生の方が大学院卒業生よりも就職率がよいというところもあるようで、何のために時間と費用をつぎ込んで大学院の教育を受けたのか、少なくとも就職面でのメリット感は薄れつつあるようです。
posted by mabou at 00:22 | キャリア資格ニュース

親子で就活?

最近の学生の就職活動に関わっている親は少なくないらしく、受験戦争と言われる教育の最後の仕上げが就職になっているといいます。
一流企業への就職が教育の最後の仕上げとなっているようで、就活のための塾も登場して親の過保護が目に付くケースもあるといいますが、親の影響が目に付く場合は就職活動にはマイナスに鳴るといいますから注意する必要があるでしょう。
posted by mabou at 17:04 | キャリア資格ニュース

キャリア教育の必修化?

日本の高校生は国際的に見て自主的な学習時間が少ないということで、普通科ではキャリア教育の必修化が予定されていて、高校生に将来の進路について考える機会を増やしてもらって学習時間も増やしてもらおうという狙いがあるようです。
確かに日本では大学受験だけが目標になりがちのところがあるようで、将来の目標キャリアを早めに決めることが動機付けになって学習意欲を高めるのかも知れません。
posted by mabou at 12:19 | キャリア資格ニュース

就職先に不人気の企業

学生の就職先に不人気の企業とは、仕事がきつくノルマの高い企業だといいますが、そうした企業には業績のよい優良企業もあるといいますからいちがいに就職先として敬遠するのも正解とはいえないかもしれません。
しかし、長時間労働や非正規雇用と正社員の格差などブラック企業と呼ばれるようになった会社には、それなりの問題もあると思いますから就職活動には人気がないということなのでしょう。
posted by mabou at 11:08 | キャリア資格ニュース

介護支援専門員の資格

日本は先進国のなかでも少子高齢化が進んでいる国として知られていますが、介護保険の導入もあり介護支援専門員の資格をとる方も増えているようです。
いわゆるケアマネジャーですが、その資質向上に向けて試験の受験要件などの改革が議論されているようです。ケアマネジャーの課題は多く、介護予防支援などでの今後の医療との連携な取り組むべきところが多いようです。
posted by mabou at 22:25 | キャリア資格ニュース

就活と美容業界

就職活動の厳しさは世界的な景気後退のなかで言われ続けているところですが、男子学生の就活向けに美容業界や理容業界も注目していて、男性の就職活動向けに髪型や洗顔の仕方など身だしなみに気をつける方法を学生向けに売り込んでいく戦術のようです。
社会人となる就活学生にとって身だしなみの整え方は大事なポイントとなってくるでしょうから美容や理容業界の取り組みに期待したいところです。
posted by mabou at 21:37 | キャリア資格ニュース

男性の育児休暇

企業にもよるのでしょうが、女性がターゲットの企業など、男性社員にも育児休暇をとることを奨励して女性向けの商品開発に生かすなどイクメンを支援する会社も出てきているようです。
女性の立場を理解するよう男性社員に育児休暇をとってもらってその大変さを経験することは社内のコミュニケーションをよくする意味でも有効のようです。
posted by mabou at 15:01 | キャリア資格ニュース

労働者派遣法の改正

労働者派遣法の改正で、グループ内企業への派遣は全体の8割以下に抑える必要が出てきたため、大手の銀行が営むグループ内の派遣会社ではグループ内への派遣が多く、規制をクリアできないため派遣疑業からの撤退が考えられているようです。
今後は直接雇用への切り替えが進むのでしょうが、派遣社員による人件費削減については今後も続けられるようで実際上雇用形態がどう変化していくのか注目されているようです。
posted by mabou at 19:26 | キャリア資格ニュース

65歳までの雇用確保

改正高年齢者雇用安定法に従って65歳までの雇用を確保すべくいろんな動きが出ているようで、現役世代の賃金上昇を抑える代わりに高年齢者の雇用を確保しようという動きもあるようです。
これから高齢化社会を迎えるにあたって高齢者にも雇用を確保してGDPの低下を防ぐことが活力ある社会の維持には欠かせないのかも知れません。
posted by mabou at 01:45 | キャリア資格ニュース

主婦の再就職

子育てが一段落した主婦が再就職を希望する際に、主婦自身が仕事に注文をつけすぎるのは再就職の妨げになるそうで、あまり職種にとらわれすぎるのも就職先を見つけにくくする原因になるそうです。
単純そうな仕事でもやってみれば意外と奥が深い場合も多いようで、そうした仕事をこなしていくことでステップアップができ、キャリアアップにまでつながるケースもあるといいますから、仕事に面白みを見出してこなしていくべきなのでしょう。
posted by mabou at 19:12 | キャリア資格ニュース

就職活動の厳しさ

今年も去年に続いて12月から就職活動が解禁となって、企業説明会も開かれていますが、やはり世界的な不景気もあって学生の就職活動は厳しさを増しているような印象があります。
あまり幅を狭めず広く就職先を探していく方が現実的な就活といえそうな雰囲気もあるようで、就職先がすんなり決まる学生とそうでない学生の差がますます開きそうな状況のようだといいます。大学を卒業しただけでは簡単には就職できない情勢は変わらないようです。
posted by mabou at 18:44 | キャリア資格ニュース

フランスの失業率の上昇

ヨーロッパでは金融危機が少し遠のいたようで、ユーロも円に対して上昇していますが、フランスでも失業率は上昇しているといい、財政建て直しによる支出削減のあおりを受けているような印象も受けます。
フランスだけではなくヨーロッパでは多くの国で財政赤字の削減を求められていて、支出の抑制によって雇用情勢は悪化しているように見受けられます。
posted by mabou at 23:13 | キャリア資格ニュース

大卒内定率の回復

リーマンショックの後は、大学卒業者の就職内定率は急降下したようで、この時期の就職活動は厳しい戦いとなったようで、今でも就職氷河期ではないかと思われるほどですが、一時期よりは内定率は回復が見られるようです。
厳しい就職戦線を乗り越えてキャリアアップを図っていくのは容易なことではないでしょうが、国際的に活躍できる人材が求められていくことでしょう。
折りしも尖閣諸島の領有権問題で日中間の貿易に大きな支障が出ているところで、国際的に仕事のできる人材が重要となってくることでしょう。
posted by mabou at 21:12 | キャリア資格ニュース

ネットと寝室

インターネットは世界中の人との交流や仕事にまったく新しい可能性をもたらしているといえるでしょうが、世界中を相手にネットを使い出すと寝室でまで仕事をする人が増えているといいます。
寝室に通信機器を持ち込んで仕事をすることは、家庭生活の妨げになる可能性があるようで、仕事を寝室に持ち込むことは慎んだ方がよさそうです。
posted by mabou at 22:30 | キャリア資格ニュース

退職勧告

アメリカのサブプライムローン問題に引き続き、ヨーロッパでは債務危機から信用不安が拡大して世界的な景気の低迷に陥る中、日本の半導体や家電業界などでは人員削減が進められており、退職勧告などあの手この手で従業員の退職を進めているといいます。
こうなるとキャリアアップどころではなくなって、再就職先を探すのに苦労することになるでしょう。
posted by mabou at 07:07 | キャリア資格ニュース

弁護士と司法制度改革

司法制度改革で法曹人口の増加を目指したのはよいのですが、それによって弁護士の報酬が減って厳しい経営状態に追い込まれる弁護士も出てきているようで、景気の低迷する近年は弁護士といえども自営で業務を行う事務所にとっては仕事を取ってくるのが大変ということです。
資格取得が難関の仕事でも、キャリアを積んだ弁護士でも厳しい経営状況だといいますから資格を取ったからと安心はできないようです。
posted by mabou at 01:28 | キャリア資格ニュース

司法試験と予備試験

法曹人口を増やそうという法科大学院は、司法試験の合格率は低迷し受験生の人気をなくしているようで、それに代わって予備試験の合格者の司法試験合格率が高いことから受験生の中では法科大学院ではなく予備試験を通ることで司法試験の受験を目指すという流れができつつあるようです。
弁護士資格などを取るためには合格率の低い司法試験をパスする必要があり、受験生にとっては大変な勉強が必要となりますが、当分法科大学院は苦戦を強いられそうです。
posted by mabou at 23:15 | キャリア資格ニュース

サービス残業の残業代

本来は、残業すれば残業代が支払われるべきなのですが、なかなか残業代の請求はやりずらい事もあるようで、残業代を全額もらっている人ばかりではないようです。
残業代を請求しづらいという職場もあるのでしょうが、なんとか請求していける職場を増やしていく必要があるでしょう。キャリアアップにサービス残業が当たり前という考え方は捨て去るべきなのでしょう。
posted by mabou at 23:40 | キャリア資格ニュース

キャリア形成と技術革新

世の中はインターネットを初め技術革新のスピードが速くなり、それに伴い需要が増えていく仕事と減っていく仕事が出て来ています。
これから仕事が増える業界への就職を考えておかないと、衰退していく業界ではキャリアアップも難しいことになるかもしれません。万一の失業に備えていろんな資格を取っておくことも転職を考えると必要となることでしょう。
posted by mabou at 23:17 | キャリア資格ニュース

男性と女性のキャリア

男女の平等が謳われて久しいと思いますが、未だに男性と女性のキャリアアップについては女性にハンデがあるように思えてなりません。
キャリアだけでなく給与の面でも男性ほど女性の給与はアップしないようで、就職してから何年も経つとかなりの給与差が出てくるようで、こうした男女間の格差を無くす方向で進まないと、不況のさなかで経済の活性化にもつながらないのではないでしょうか。
posted by mabou at 22:53 | キャリア資格ニュース

スペインの失業率上昇

一時ほどヨーロッパの債務危機も話題に上らなくなったようですが、高債務国では未だに失業率は高く、財政緊縮策のあおりを受けて失業者が増加し続けているようです。
なかには自国での就職を見限って他国へと就職先を求める若者もいるようで、ユーロ圏でのキャリアアップは簡単にはいかないような状況のようです。
posted by mabou at 23:25 | キャリア資格ニュース

ブラック企業の社員管理

給与をはじめ社員の待遇面で労働法を遵守していない企業のことをブラック企業と呼ぶそうで、社員は安い給料でこき使われて、経営者の言うなりになるよう操られているそうです。
こうした社畜のような扱いを受けていては、キャリアアップなどとんでもない話で、自分の会社がブラック企業と思ったら、さっさと辞めるしか浮かび上がる方法はないようです。逆に言うとキャリアアップの可能性が感じられなければさっさと他の会社を探した方がよいということになりそうです。
posted by mabou at 22:15 | キャリア資格ニュース

関西電力も給与削減?

東日本大震災後の原発事故から電力会社は火力発電などの燃料費が高くついて経営状況が悪化しているようで、給与削減に向けて一般社員の給与もカットされる可能性が出てきたようです。
電気料金の値上げも予定されていることから賞与に続いて給与もカットされることが濃厚のようで、原発事故による原発の稼動が難しくなっていることがコスト増に結びついているだけに苦しい経営が続きそうです。
posted by mabou at 21:01 | キャリア資格ニュース

能力給の増加

今はヨーロッパの信用不安から経済が停滞して企業もヨーロッパ向けの輸出が減って、さらに中国では反日デモなどが激化して中国向けの輸出も減って、業績確保に大変なことと思われますが、これまでの年功序列による給与は維持できなくなってきているようで、能力給を導入する企業が増えているといいます。
会社への貢献度に応じて給与が決まってくる時代の到来なのでしょう。
posted by mabou at 22:24 | キャリア資格ニュース

労働人口の流出

ヨーロッパでは債務危機がくすぶり続けて、多額の債務に苦しみながら緊縮財政を断行していくという厳しい状況の中で、若者を中心とした労働人口が流出するという事態に困っている国も多いようです。
若者の流出は経済成長の妨げとなる可能性があり、将来的には国の税収も減収となって借金減らしにマイナス要素となる可能性が多いといいます。借金大国である日本でも増税が続くと若者世代の国外への流出を招く可能性もあるかも知れません。
posted by mabou at 21:04 | キャリア資格ニュース

定年後の再雇用問題

年金の支給開始年齢が遅れることで定年後も仕事をしたいという希望も増えるのではないかと思いますが、企業によっては工場勤務をハーフタイムでも続けられるようにして雇用の受け皿にしようと考えているところもあるようです。
高齢者が無理なく働ける環境を整えることで老後の生活不安を少しでも解消していくことが急務といえるでしょう。
posted by mabou at 19:21 | キャリア資格ニュース

成果と育成のはざま

日本では長らく終身雇用制で横並び意識が強かったようですが、近年は企業の中では成果主義が台頭してきたといいます。
しかし、成果を強調しすぎると部下を育てる育成がおろそかになって企業全体の発展にはつながらないともいい、仕事の成果とともに部下の育成も評価する評価法が必要ではないかと考えられるようになっているようです。
posted by mabou at 22:32 | キャリア資格ニュース

高年齢者雇用安定法改正案の成立

高年齢者雇用安定法改正案の成立を受けて企業側も65歳定年制を取り入れる会社も出てきています。
高齢化社会の到来に合わせて高齢者にも働ける間は働いてもらわないと生活保障が立ち行かなくなるのではないかと思われますから、働ける方で働く意欲のある方が働く場があるという社会は高齢化社会にマッチした社会と言えそうです。
posted by mabou at 21:56 | キャリア資格ニュース

希望退職者の再就職

日本の製造業は円高もあって新興国との競争に四苦八苦しているようで、大手のメーカーでも希望退職者を募ってリストラに懸命のようです。
希望退職者にとっては、再就職の現実は厳しいようで、中高年にとっては特に厳しい現実が待っているようで、進むも地獄、退くも地獄といった様相になっているのではないかと思われます。
posted by mabou at 21:28 | キャリア資格ニュース

求職者支援制度について

生活再建などセーフティーネットとしても期待されている求職者支援制度ですが、受講希望者が少ないと職業訓練実施側の負担が大きくなるため開講が中止されることも少なくないといいます。
失業手当が切れたり雇用保険未加入者にとっては生活再建のための期待も大きいようですから、何とか生活を立て直すために役立てて欲しいものです。
posted by mabou at 17:26 | キャリア資格ニュース

▲このページの先頭へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。