スポンサードリンク

社労士試験合格法

社会保険労務士は金融関係の仕事なら取得しておいて損はない資格かもしれません。保険関係や銀行関係など顧客に納得してもらえる商品販売に役立ちそうに思います。
社会保険労務士の資格を目指すあなたにおすすめのサイトを紹介します。社会保険労務士資格の取得を目指すあなたを応援してくれることでしょう。
社労士試験の合格法を身に着けて資格試験に向けた勉強に励んでください!


暗記をしない!社労士試験合格法☆社会人でもらくらく合格した


posted by mabou at 07:26 | 民間資格(マネー)

日商簿記2級激安合格大作戦

日商簿記2級は、ビジネス系資格の基本ともいえる資格です。
ビジネスを始める場合の基本の資格をスピードィーに取得するために、日商簿記2級激安合格大作戦が役立つ事でしょう。
あなたの夢の第一歩は日商簿記2級から始まっているのかも知れません。
何としても資格取得を目指す人だけが日商簿記2級激安合格大作戦の価値を知ることでしょう。


知能コンプレックスよサヨウナラ日商簿記2級激安合格大作戦!!
posted by mabou at 07:26 | 民間資格(マネー)

CFP、AFPの資格取得で独立

CFP(Certified Financial Planner)はアメリカで最もよく知られるファイナンシャルプランナー(FP)の資格で、日本ではライセンス契約のもとで日本ファイナンシャル・プランナーズ協会(日本FP協会)が1992年から認定している資格になります。受験資格はAFP資格の取得が必要で、AFP資格の取得後にCFP資格審査試験に合格してCFPの認定が受けられます。
CFPの試験課目は
金融資産運用設計
不動産運用設計
ライフプランニング、リタイアメントプランニング
リスクと保険
タックスプランニング
相続、事業承継設計
となっていて、あらゆる顧客からの要求に適切なアドバイスをし、提案書の作成をする必要があります。CFP資格の認定を受けるとCFP国際組織FPSB(Financial Planning Standards Board)に登録されて海外でも一定の要件の下で活動が可能となります。
CFP資格の認定者は国家資格である1級ファイナンシャル・プランニング技能士検定試験受験に際して学科試験が免除されます。

AFP(Affiliated Financial Planner)はCFP認定前のステップとして導入された日本の国内資格で、AFP資格の認定を受けるには日本FP協会認定の教育機関が実施するAFP認定研修を修了して、かつ2級FP技能検定試験に合格することが必要です。
AFP認定研修には
FPの基礎
金融資産運用設計
不動産運用設計
ライフプランニング、リタイアメントプランニング
リスクと保険
タックスプランニング
相続、事業承継設計
提案書の作成
の8課目があり68単位以上の履修と提案書の提出で一定水準の評価を得る必要があるということです。AFP認定研修を修了し、2級FP技能検定試験で学科(筆記試験)と実技(個人資産相談、中小事業主資産相談、生命保険顧客資産相談、損害保険顧客資産相談、資産設計提案から選択)に合格後、日本FP協会に資格認定会員として入会登録してAFP資格が取得できることとなります。

AFP、CFPとも2年ごとの更新が必要で、日本FP協会が定める継続教育要件を満たすことが資格更新の条件とされています。
posted by mabou at 07:26 | 民間資格(マネー)

▲このページの先頭へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。