スポンサードリンク

大卒内定率の回復

リーマンショックの後は、大学卒業者の就職内定率は急降下したようで、この時期の就職活動は厳しい戦いとなったようで、今でも就職氷河期ではないかと思われるほどですが、一時期よりは内定率は回復が見られるようです。
厳しい就職戦線を乗り越えてキャリアアップを図っていくのは容易なことではないでしょうが、国際的に活躍できる人材が求められていくことでしょう。
折りしも尖閣諸島の領有権問題で日中間の貿易に大きな支障が出ているところで、国際的に仕事のできる人材が重要となってくることでしょう。
posted by mabou at 21:12 | キャリア資格ニュース

▲このページの先頭へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。