スポンサードリンク

司法試験と予備試験

法曹人口を増やそうという法科大学院は、司法試験の合格率は低迷し受験生の人気をなくしているようで、それに代わって予備試験の合格者の司法試験合格率が高いことから受験生の中では法科大学院ではなく予備試験を通ることで司法試験の受験を目指すという流れができつつあるようです。
弁護士資格などを取るためには合格率の低い司法試験をパスする必要があり、受験生にとっては大変な勉強が必要となりますが、当分法科大学院は苦戦を強いられそうです。
posted by mabou at 23:15 | キャリア資格ニュース

▲このページの先頭へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。