スポンサードリンク

OJTの実際―キャリアアップ時代の育成手法

「OJTの実際―キャリアアップ時代の育成手法」
企業における成果主義の浸透や人材の流動化などを受け、OJTのやり方も大きく変わりつつあるということで本書では日常業務を通じてのOJTの具体的な手法を、コーチング、コンピテンシーといった新しい考え方を取り上げながら解説しています。従来の年功序列方式は過去のものとなり、ある意味では実力主義の厳しい時代がやって来たと覚悟しなければなりません。

posted by mabou at 18:50 | キャリア資格関連書籍

▲このページの先頭へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。