スポンサードリンク

公的資格:自転車安全整備士

自転車安全整備士は自転車の点検と整備を行い、自転車利用者には通行方法などの安全に関する指導を行ないます。自転車安全整備士の資格取得には学科試験と実技試験に合格する必要があります。
受験資格は、年齢18歳以上であることが必要です。学歴等は不問ですが2年以上の実務経験を持つ者となっています。
願書請求は各都道府県の自転車商業組合または交通安全協会に請求して下さい。郵送を希望する場合は封筒の表に「自転車整備士試験用紙請求」と朱書して所定の切手を貼った宛先明記の返信用封筒を同封して請求して下さい。
出願書類は申請書、経歴書、住民票の写しとなっています。
試験地は、札幌、仙台、前橋、さいたま、東京、水戸、名古屋、長浜、堺、広島、高松、久留米です。

試験の概要は以下のようです。
学科試験:○自転車の構造および性能に関する知識○自転車の点検整備に関する知識○自転車の安全な利用の指導に関する知識
実技試験:自転車の点検および整備の技術
面接試験:自転車の安全利用に関する指導能力

自転車店を開業する際には必須の資格だそうで、自転車通行のマナー向上のためにも安全利用の指導を厳しくお願いしたいところです。
posted by mabou at 03:42 | その他の資格

▲このページの先頭へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。