スポンサードリンク

シスコ技術者認定の資格取得

シスコ技術者認定はアメリカのシスコシステムズ社が認定するネットワークエンジニアのための資格で、ネットワーク技術者の需要が高くなるなかでそのスキルを分野別、レベル別に認定しています。
シスコ技術者認定には大きく分けて
ルーティング&スイッチング
デザイン
サービスプロバイダ
ネットワークセキュリティ
ストレージネットワーキング
ヴォイス
の6分野がありそれぞれレベルに応じて3段階に分かれています。
受験資格は特になく誰でも受験可能です。
シスコ技術者認定試験のなかで最も基本的なルーティング&スイッチングのアソシエイトに合格しますとCCNA(Cisco Certified Network Associate)の認定名を取得して、小規模ネットワークに対して、LAN、WAN、ダイアルアクセスサービスの設置、設定、運営ができるというスキルの証明とすることができます。
試験科目は
プランニング/設計
実装/運用
トラブルシューティング
テクノロジー
となっていて、全世界共通の資格のため世界中で資格が保証されています。キャリアアップにもなり挑戦してみる価値はあるでしょう。

posted by mabou at 19:59 | 民間資格(IT)

▲このページの先頭へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。