スポンサードリンク

CGエンジニア検定(CG部門/画像処理部門)資格取得でキャリアアップ

CGエンジニア検定のうち
CG部門検定では、CGの原理やアルゴリズムなどの理解度を測り、
画像処理部門検定では、CG開発に必要なアルゴリズムやシステムなどの理解度を測るということです。
CG部門検定、画像処理部門検定ともに3級から1級に分かれて、3級と2級はマークシートの試験、1級は作品の提出、プレゼンテーション、面接などがあり1級としての能力が備わっているか評価を受けます。
CG部門資格取得者はCG技術を習得し、ソフトウェアの設計やプログラミングをするために知識を応用することが出来るとされ、CGプログラマー、ゲームプログラマー、ゲームデザインエンジニア、CADエンジニアなどとして活躍しているということです。
画像処理部門資格取得者は経験や感覚だけでなく理論的な裏づけが出来ることで作業がより正確になるとされ、画像入力技術者、画像計測技術者、映像圧縮伝達技術者、画像認識技術者などとして、映像、通信、製品検査、医療応用、印刷などの幅広い分野において活躍することができるとされています。
posted by mabou at 16:00 | 民間資格(IT)

▲このページの先頭へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。