スポンサードリンク

インテリアコーディネーター資格取得でキャリアアップ

インテリアコーディネーター資格を取るには(社)インテリア産業協会が実施しているインテリアコーディネーター資格試験に合格して登録を行う必要があります。
インテリアコーディネーター資格試験の1次試験は誰でも受験可能で、科目はインテリア商品と販売の基礎知識、インテリア計画と技術の基礎知識の2科目から択一式の問題が出ます。
インテリアコーディネーター資格試験の2次試験は1次試験合格者のみが受験でき、論文試験とプレゼンテーション試験になります。試験範囲は(社)インテリア産業協会発行の「インテリアコーディネーターハンドブック」に沿った内容になりますからこの本をまず学習して下さい。
インテリアコーディネーター資格試験の受験者の約7割が女性で、インテリアコーディネーターは主に住宅の内装について、依頼者の要望に沿う形で快適な生活空間を提案するなどトータルにアドバイスする住空間の専門家です。インテリアプランナーが顧客希望に沿った空間実現のために設計の段階から関与するのに対して、インテリアコーディネーターは出来上がった空間をより豊かに演出することで快適な生活空間を提案していきます。
資格の取得後には住宅建設業、内装・住宅設備業、インテリアメーカーなど幅広い業種で仕事が可能で独立することも可能です。
商業施設士の資格試験においては科目免除が適用されるため関連資格として狙い目かも知れません。
posted by mabou at 16:42 | 民間資格(建築・住宅)

▲このページの先頭へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。