スポンサードリンク

トリマー資格取得で独立

1972年に(社)ジャパンケネルクラブ(JKC)が始めた資格で、JKC公認トリマー資格を取得しておくと就職にも有利といわれます。
JKC公認トリマー資格にはC級、B級、A級さらにトリマー教士、トリマー師範があります。経験年数を積んでいきながら上位の級の取得をしていくようになっています。試験は筆記試験と実技試験で、実技はモデル犬1犬種のカットです。
トリマーとはイヌの毛のカットのほかシャンプー、リンス、ブラッシング、ドライヤー、爪の手入れなどイヌの美容師としての仕事が主になりますが、イヌの種類に応じた基本スタイルを守りながら飼い主の好みにあわせてトリマーの個性も出せるようなカット技術が必要とされます。イヌの飼い主にとってはイヌの生活習慣に関してのアドバイザーでもあり、飼い主とのコミュニケーションあるいはイヌのしつけや衛生健康管理のアドバイスができる力が必要です。
犬が好きで手先が器用な人に向いているといわれ、資格取得後はペットサロンや動物病院に勤務したり開業も可能です。
posted by mabou at 08:48 | 民間資格(動物)

▲このページの先頭へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。