スポンサードリンク

資格の分類

大きく分けて資格にはライセンスすなわち免許用の資格とサーティフィケーションすなわち評価用の資格とがあります。
免許用の資格としては業務の独占権を付与する国家資格があり、例えば弁護士、社会保険労務士、行政書士、弁理士などですが、業務の独占権によって独立開業に強い資格とされています。
評価用の資格は資格を持ったからといって特別な業務の運営ができるわけではありませんが個人の能力レベルを証明してくれて、キャリアアップなどに強い資格とされています。
今後は電子申請などが普及するにつれて手続き業務などは誰もができる方向へと進んでいくと考えられ業務独占権を付与する免許用の試験よりも能力評価用の資格の比重が高まっていくだろうと考えられています。
posted by mabou at 14:58 | 資格について

▲このページの先頭へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。