スポンサードリンク

資格制度の変化

日本における資格試験は入学試験のように競争試験の色合いが濃くて試験の成績が悪くなくても順位が定員外だと不合格になっていたということが問題と考えられ、これをアメリカ流の合格ラインを超えた人を合格させる方式に変えていくという流れに変わってきているということです。
資格試験の受験資格も撤廃したりあるいは受験のハードルを低くするように変わってきていて、さらに合格者数を増やしたり科目の免除制度を取り入れたりしている資格試験も増えてきています。そういう意味では今は資格取得のチャンスといえます。
posted by mabou at 17:06 | 資格について

▲このページの先頭へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。