スポンサードリンク

税理士資格の概略

税理士の仕事には3本柱があり税務と会計と経営になっています。なかでも税務関連の仕事は税理士法により税理士の独占業務と決められていますから資格取得を目指す人たちの人気も高いといえます。

税務の業務には、
税務書類の作成
税務手続きの代理
税務相談
などがあり税理士代行業務(税に関する申告の代行)、税務書類の作成業務(官公庁への提出書類の作成)、税務相談業務(税金に関する相談)などを行なっています。

会計の業務には、
決算業務あるいは元帳記帳や計算表などの作成
会計に関する指導や相談業務
などがあります。

経営の業務には、
経営問題についての指導や相談
などがあります。

税理士業務の収益の柱は提携会社からの月々の顧問報酬、決算書類の作成報酬などになっていますがOA機器の発達で事務処理能力は飛躍的に伸びており実力次第で高収入が期待できるとされています。
posted by mabou at 07:38 | 国家資格

▲このページの先頭へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。