スポンサードリンク

社会保険労務士資格の概略

社会保険労務士の仕事としては社会保険関係の法令に基づいて申請書や届出書等の作成をし、行政機関への提出や事務処理の代行を行っています。また企業等における労務管理に関する相談や提案を行っていて、終身雇用から能力主義や成果主義に変わりつつある企業の人事労務管理にまつわる業務やこれまでの確定給付から確定拠出へと変わる年金業務などもあって社会保険労務士のニーズは高まってきているといえます。
ただし労働社会保険関係の法令に基づく申請書や届出書の作成あるいは雇用保険、労災保険、厚生年金、社会保険などの手続き代行業務などについてはコンピューターの導入により各企業内でも可能になっていくと思われることから労働管理におけるコンサルティング業務の比重が今後はより重要になっていくと考えられます。
posted by mabou at 05:16 | 資格の概略

▲このページの先頭へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。